子どものおむつはいつまで?トイトレはおまる?成功の秘訣は何?

公開日:  最終更新日:2015/11/20

子どものおむつを外したいと考えています。

おむつを外すのはいつまでにしないといけないのかな?
トイトレはおまるから始めればいいの?
トイトレの成功の秘訣とはあるのかな?

そこで、子どものおむつ外しのポイントについて
まとめてみました。

スポンサードリンク

子どものおむつはいつまでにとるべき?

子どものおむつで悩む母親はとても多いです。
子どものおむつを外すトレーニングはいつから始めて
いつまでに外すべきなのか疑問が出てきますよね。

幼稚園が始まるまでには取りたい
幼稚園におむつで通園することができない
様々な親の理由があって始める人も多いのです。

しかし、子どものおむつをいつまでに
外さなければいけないという答えはありません。
なぜなら、こればかりは子ども個人の発達
合わせて進めていかなければいけないからです。

私の息子も2歳から急にトイレに行きたいと言い
トイレでおしっこをするようになったのですが
ちょうどイヤイヤ期に突入したこともあり
結局3歳7か月の現在でも完璧ではありません。

日中は布パンツで幼稚園には通っているものの
たまにおもらしもしますし失敗することもあるのです。
また、言葉も遅い方ですので時間がかかりました。

よって、親が焦っても子どものおむつをいつまでに
外さなくては・・・と計画通りにはいかないのです。

早い人であれば1歳から2歳にかけて始める人もいます。
ですが、早く始めるとおむつがはずれるまでに
時間がかかり無駄な時間を過ごすことも増えてきます。

逆に2歳から3歳にかけて始めると
子どもの意思をはっきりと親に伝えることができますので
短期間で終わらせることができたりもするのです。

しかし、子どもの性格もありますので
おしゃべりの女の子の方が外れるのが遅い場合もあります。

子どもの性格や発達によって進み具合は大変異なります。
そして、膀胱におしっこをたくさん溜められるまで
発達しないとトイトレを進めていくことはできないのです。

だからといっていつまでもトレーニングを始めないのも
子どもはおむつの環境がよくなり
トレーニングを始めなくなりますので
少しずつでも子どもにトイレの大切さを教えていきましょう。

トイトレをするならおまるから?

トイトレを始めるならおまるから練習すればいいのかな?
と疑問を持つ母親も多いです。

トイトレのアイテムとしておまるの他にも
補助便座があります。

なので、どちらを購入して子どもがトレーニングを
始めてくれるのか悩んでしまいますよね。

トイレを拒む子であればおまるから始めるといいでしょう。
始めは遊び感覚で試してみてそれをトイレに移行するのです。

私の場合はおまるを購入してトイトレをしました。
なぜ補助便座ではなくおまるにしたかというと
息子はうんちをしているところをみられるのが
恥ずかしい子でした。

なので、おまるに座らせてカーテンに隠れると
してくれることもあったからです。

スポンサードリンク

さらに、おまるは3wayで使えるものでしたので
おまるとして使用しないときは
補助便座と踏み台として使うことができました。

自分でやりたいというときは踏み台を使って
トイレにのぼってもらっていましたので
とても便利でした。

また、実家は2階建てでトイレが1階にしかありません。
なので、帰省中はトイレに走るよりも
2階でおまるでトイレの練習をさせていたので
おまるを使用したほうが便利でした。

これはあくまでも私の感想なので
住宅事情や子どもの使いやすさを優先して
トイトレアイテムを選んでみてくださいね。

トイトレの成功の秘訣は何があるの?

トイトレの成功の秘訣があるなら教えてほしいと
誰もが思いますよね。

成功の秘訣は周りの子供と比較しないことです。
これは自分の子どもが他の子どもよりも
トイレができないことに対して焦りと苛立ちが出てしまい
子どもをせかしてしまうからです。

次に、トイトレに失敗しても怒らないことです。
これは子どもが失敗してしまったことに自信を失い
トイレを嫌になってしまうからです。

パンツについたうんちを洗うことは
母親からすればかなりテンションが下がり
洗うのにやる気が必要となります。
でも、決して怒ってはいけません。

怒るならパンツを捨てて新しいのを追加しましょう。
私もたくさん息子のうんちがついたパンツを捨てました。

そして、母親がトイトレに一生懸命になりすぎないことです。
一生懸命にトイトレをさせても母親だけが焦り
子どもがそれについていくことができないからです。
そのため、トイレの誘いすぎもやる気がなくなります。

また、トイトレを頑張ることに対して
ご褒美を上げる人もいますがあげすぎはよくありません。
それを目当てにしかトイレをしなくなるからです。
私の息子はこのパターンでした。

なので、ご褒美を上げることよりも
トイレが成功したことを大げさに褒めてあげましょう。
そのことで子どもも自信がついて喜んでくれます。

これならお金と手間がかからずに
親子でどちらも嬉しいご褒美となりますね。

さらに、出るまでトイレの便座に座らせないようにしてください。
長時間トイレに座らせることは子供にとって苦痛となります。
そのため、2~3分で終わらせてまたチャレンジしましょう。

最後にすべては子どものやる気次第となります。
そのため、子どものやる気が出るように
母親がトイレの環境を整えてあげることが大切です。

これが成功の秘訣となりますが
すべて行っていても必ず成功するものではありません。

子どものリズムに合わせながら進めていくのが一番ですので
のんびりと構えて一緒にトイトレを楽しんでください。

まとめ

子どものおむつを外すのはいつまでかという答えはありません。
よって、子どもの発達に合わせながら進めましょう。

トイトレアイテムはおまるや補助便座がありますが
子どもが使いやすいものでトイレに興味が出るものにしましょう。

トイトレの成功の秘訣は色々とありますが
一番大切なことは子どものやる気を大切にして
母親がトイレの環境をサポートして整えることです。
トイトレは大変ですが諦めずに取り組みましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑