赤ちゃんの日焼け止めはいつから?本当に必要?おすすめ対策グッズ!

公開日: 

生後6か月の赤ちゃんと外出するときに
日焼けを気にする人も多いものです。

日焼け止めは大人と同様子供にもありますが
いつから使用していいのか赤ちゃんには必要なのか
新米ママなら疑問に思うことも多いです。

そこで、赤ちゃんの日焼け止めについてまとめてみました。

スポンサードリンク

赤ちゃんの日焼け止めはいつから使っていいの?

赤ちゃんが生まれると日光浴のために
お散歩に出かける新米ママも多いです。
 
 
 
そこで、気になるのが紫外線

赤ちゃんが日焼けをしないためにも
日焼け止めはいつから使っていいのか疑問になりますよね。
 
 
 
赤ちゃんの日焼け止めで市販の物は
生後6か月頃から使用できるものが多いです。

生後6か月未満の赤ちゃんの肌というのは
とてもデリケートなのでその前から使用してしまうと
アレルギーを起こす可能性が高くなってしまいます。

そのため、低月齢の赤ちゃんに日焼け止めを使用するときは
気をつけて選ぶことが大切になります。
 
 
 
<赤ちゃんに使っていい日焼け止め>

・石鹸で落とすことができる

日焼け止めが赤ちゃんの肌に残ったままだと
肌荒れの原因となりますので
石鹸で落とせるものを選ぶことが必要です。
 
 
 
・紫外線散乱剤の日焼け止め

紫外線錯乱剤は紫外線吸収剤に比べると
肌への負担が少なく低刺激と言えます。
 
 
 
・合成界面活性剤や防腐剤、香料フリー

赤ちゃんの肌に使用する日焼け止めは
余計なものができるだけ含まれていないものがいいので
これらの成分は含まれていないことを確認することが大切です。
 
 
 
日焼け止めを使おうとしているママで
いつからが気になるのであれば生後6か月を目安に
今までご紹介した成分をきちんとチェックしましょう。

いつから使うことができるのかがわかって
成分も安心できるものなら毎日の対策も楽になりますよね。

赤ちゃんの日焼け止めは本当に必要か?

赤ちゃんの皮膚を紫外線から守りたいという気持ちはあるものの
本当に日焼け止めは赤ちゃんに必要か疑問に思いますよね。
 
 
 
赤ちゃんの肌の厚さは大人の2分の1程度しかありません。
よって、紫外線からダメージを受けやすいデリケート肌と言えます。

そのため、赤ちゃんのうちから紫外線を浴びすぎると
大人になってからシミや皮膚がんを引き起こす可能性があり
日焼け止めは赤ちゃんの肌を守るためにも大切だと言われています。
 
 
 
だからといって全く日光浴がダメかと言えばそうではありません。
赤ちゃんが日光を浴びることでカルシウムを骨に取り込むための
ビタミンDが作られます。

過度な紫外線量を浴びることが肌への刺激となるため
一定時間である10分以上超えて外出する際は
日焼け止めが必要となるわけです。
 
 
 
赤ちゃんに日焼け止めは本当に必要か?
という問いに対して意見はよく分かれていますが
強い日差しの時間をさけてお散歩したり
長時間の外出でなければそこまで日焼け止めを必要としません。

よって、衣類や日傘などで日よけするだけでも
十分なことも多いのです。

なので、あまり神経質に日焼け止めについて考えなくても
他にもできる対策は色々とあります。
 
 
 
<赤ちゃんとの外出ポイント>

・午前10時から午後2時の紫外線の強い時間をさける

・長袖の服や帽子、日傘で工夫をする

・UVケープなどで工夫する

・外出時間によって日焼け止めを使用するか決める

スポンサードリンク

・日陰を歩く
 
 
 
このように日焼け止めだけに頼らなくても
工夫次第では使わなくても大丈夫なことも多いです。

新米ママは何でも心配になりやすいですが
神経質になりすぎず必要な時だけ日焼け止めを
使うようにしていくと気持ちも楽になりますよ。

赤ちゃんの日焼け対策におすすめのグッズはこれ!

赤ちゃんの日焼け対策は色々とあり
必ずしも日焼け止めだけに頼る必要はありません。

日焼け止めを塗る作業が面倒だと感じるママも多いですし
赤ちゃんだって塗られるのが嫌と感じる子もいます。
お互いがストレスなく日焼け対策をできるのが一番ですよね。
 
 
 
そこで、おすすめの商品があります。

UVカットおくるみの足付きです。
これにくるんで抱っこひもでお出かけすれば
手足部分の日焼け対策はバッチリと言えます。

ママが日傘を指せば手の部分もカバーできますし
フードもついていますから
気になる人は顔だけ日焼け止めを使用すればいいのです。

このおくるみは紫外線を防止するだけではなく
消臭や抗菌、速乾と色々なことに優れていて
夏でも快適に使うことができます。

抱っこ紐だけはなくベビーカーやチャイルドシートでも
使用が可能なので1枚あるとかなり重宝しますよ。
 
 
 
夏のスーパーというのは冷房が効いています
食料品売り場も冷蔵庫などでひんやりとしています。

大人は涼しいと感じますが赤ちゃんからすれば
体温調節が難しく寒いと感じたりもします。
大人の涼しいは赤ちゃんからすると
寒いことになりますから体温調整は大切です。

このおくるみを使えば
冷え対策もでき外に行けば紫外線対策になります。
とても便利な商品ですよね。
 
 
 
これならちょっとのお出かけで日焼け止めを
塗るのが面倒と思った時も着せるだけなので楽です。

日焼け止めは塗ってからもきちんと洗い落とさないといけませんし
おくるみならその手間を省くことができますからね。

私はかなり面倒くさがり屋なので
このおくるみと日傘で日焼け対策をずっとしていました。

なので、日焼け対策をしたいけれど赤ちゃんのために
なかなか実践できていないと感じるママは
ぜひこの商品で赤ちゃんの日焼け対策をしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
赤ちゃんのために日焼け止めは必要なときもありますが
神経質になるまで使わなければいけないわけではありません。

赤ちゃんの日焼け対策は気になるけれど
どうしてもマメにできないというママも多いのが現状です。

なので、便利グッズを使って
上手に赤ちゃんの日焼け対策をしてみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑