子供の水筒はどんなタイプがいい?保冷や保温は?おすすめ3選紹介!

公開日: 

子供が幼稚園に入園するのを機に水筒を準備する必要がある。

でも、水筒って色々なタイプがあるし
どんなものを持たせるのが一番いいのか悩む人も多いです。
子供用の水筒のタイプを知れば
その子が使いやすい水筒がだんだんわかってきますよ。

そこで、子供の水筒についてまとめてみました。

スポンサードリンク

子供の水筒はどんなタイプが便利なの?

子供の水筒はキャラクターのものやシンプルなものと
色々なタイプのものがあって見ているだけでも楽しいですよね。

でも、実際に使わせるとなるとどんなタイプの水筒
この子には便利なのか疑問に思う母親も多いです。

特に、幼稚園などに入園してから使うとなると
子供が使いやすいものを選んであげる必要があります。
そこで、ここからは水筒のタイプを細かくご紹介しますので
参考にしてみてくださいね。
 
 
 
<水筒の素材>

・ステンレス製

保冷・保温に優れていて暑い夏場は冷えた飲み物を
いつでも飲むことができて大変便利です。

ステンレス製は丈夫なので凹んだとしても
壊れにくいのがメリットと言えます。

しかし、プラスチック製に比べると重いですし
キャラクターの種類が少ないデメリットもあります。
 
 
 
・プラスチック製

持ち運びしやすいのが特徴で色々なデザインがあり
子供が好きなキャラクターのものも多いです。

しかし、保冷や保温機能がないため
時間が経つと飲み物がぬるくなっています。

さらに、ステンレス製に比べると壊れやすいデメリットもあり
長時間のお出かけには不向きと言えます。
 
 
 
<飲み口>

・コップタイプ

コップに注いで飲むことができる水筒なので
飲み物に唾液が入る心配もありませんので
衛生面ではとてもおすすめの水筒と言えます。

しかし、ふたを開けて注ぐ手間があるため
飲み物をこぼしやすいというデメリットもあります。
 
 
 
・ストロータイプ

不器用な子供でも安心して使うことができるタイプです。
倒してもこぼれにくいのがメリットと言えますが
親からすれば洗いにくいのがデメリットです。

ストロータイプの水筒はパーツが細かいため
洗ったり除菌する手間が他の水筒よりもかかります。
 
 
 
・直飲みタイプ

ダイレクトに飲み物を飲むことができる水筒で
パーツも少ないのでお手入れしやすいのがメリットです。

しかし、直飲みに慣れていない子供だと
上手く傾けて飲むことが難しいデメリットがあり
こぼしてしまう可能性もあるのです。
 
 
 
<水筒の容量>

・未就園児

未就園児の場合、水筒の容量は300~350mlが目安です。
大きい水筒だと重さも増えるため子供にとって
扱いにくい水筒になってしまいます。
 
 
 
・幼稚園児

幼稚園児の場合は水筒の容量は500~650mlが目安です。
幼稚園に持参した水筒のみが水分補給になるのでしたら
このくらいの容量だと安心と言えます。
 
 
 
このように、子供の水筒には色々なタイプがあり
どれが子供に使いやすいのかだんだん見えてきましたよね。
子供が使いやすいものを厳選してくださいね。

スポンサードリンク

子供の水筒は保冷や保温は必須なの?

子供の水筒は絶対に保冷や保温は必要なのか
気になる親も多いです。
 
 
 
保温は必要ないにしても保冷は絶対に必要です。
なぜなら、幼稚園で使うことを考えると
夏の暑い時に飲み物がぬるくなっていると
美味しいと感じませんよね。

子供だって冷たくて美味しい飲み物を飲みたいと思っています。
なので、子供の水筒で保冷機能はとても重要です。
 
 
 
幼稚園に持っていく水筒は
ステンレス製を選び保冷・保温機能がしっかりしているのか
チェックしてくださいね。
 
 
 
子供の幼稚園生活を充実させるためにも
親が子供のことを考えて水筒を選ぶ必要があります。

子供の水筒でおすすめの商品は?

子供の水筒でステンレス製がいいということはわかったけれど
飲み口部分にも悩むし結局どんな商品がおすすめなのか
疑問を持つ人も多いですよね。

そこで、ここからは子供の水筒でおすすめの商品を3つ
ご紹介しますので参考にしてみてください。
 
 
 
〇サーモス

サーモスの真空断熱2wayボトルは
コップタイプと直飲みタイプを必要に応じて
使い分けることが可能になっています。

水筒は子供が使いやすいようにスリムタイプですし
魔法瓶構造なので保冷と保温力はきちんと備わっています。

ハンディポーチ付きなので衝撃にも優しいですし
親からすれば手入れしやすい水筒と言えるのでおすすめです。
 
 
 
〇象印

象印

引用:ステンレスボトル SP-HB型 https://www.zojirushi.co.jp/syohin/bottle/sphb/

錆びに強い水筒でスポーツドリンクをいれても問題ありません。
コップタイプと直飲みの2通りができるので
用途に合わせて使い分けることが可能です。

保冷・保温のどちらの機能も優れているので
1年中使うことができ大活躍します。
 
 
 
〇2WAYキッズボトル

水筒

引用:ドウシシャの2WAYキッズボトル http://www.do-cooking.com/kids-bottle/kids-bottle3.html

保冷と保温が可能な水筒でコップタイプと直飲みタイプで
2通りの使い方をすることができます。

肩から下げられるストライプもついているので
色々な場面で大活躍する水筒と言えます。

それぞれのパーツを分解して洗うことができるので
衛生面も安心ですし子供も使いやすい水筒と言えます。
 
 
 
このように、おすすめの子供用の水筒は色々とあります。
今ご紹介した水筒を見てみるとすべて2wayタイプでしたね。

ストロータイプは子供にとって使いやすくても
衛生面が心配になりますので
ステンレス製でコップタイプと直飲みできるタイプ
選ぶのがおすすめということがわかりますね。

あとは、子供とデザインを相談しながら
お気に入りの水筒を選んでみてください。

まとめ

いかがでしたか?
子供のことを考えると水筒選びも大変ですよね。

でも、水筒の特徴が分かれば
あとはデザインを決めるだけなので楽になります。

子供と相談しながらどんなデザインがいいか
機能性は充実しているのか確認しながら
購入を検討してみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑