哺乳瓶はいつまで使うもの?卒業の仕方は?寝かしつけはどうする?

公開日:  最終更新日:2016/02/24

1歳になる娘は完全ミルクで哺乳瓶を使っています。

哺乳瓶はいつまで使うべきでやめるタイミングがわからない。
哺乳瓶の卒業の仕方もわからない。
夜の寝かしつけはどうするの?

そこで、哺乳瓶の使い方についてまとめてみました。

哺乳瓶の消毒についてはこちらを参照してください

スポンサードリンク

哺乳瓶はいつまで使うものなの?

栄養摂取の仕方は子供によって異なり
完全母乳の人もいれば完全ミルクの人もいますよね。

完全ミルクの人の場合、哺乳瓶を使いますが
果たして哺乳瓶はいつまで使うべきなのか?
やめるタイミングはいつがいいのか?
分からない人も多いです。

哺乳瓶はいつまで使うものかと言えば
1歳から1歳半が理想的と言われています。

離乳食も回数が増えてきちんと摂取できているので
足りないものをフォローアップミルクで
カバーする程度になるからです。

1歳を目処に哺乳瓶をやめないと子供は
どんどん哺乳瓶への執着が強くなってしまいます。

哺乳瓶を認識してそれがなくなると
不安になりやめにくくなってしまいます。
私の娘は哺乳瓶を見ただけで欲しいと
大泣きでしたよ。

また、哺乳瓶を使い続けることは執着以外にも問題があります。
それは虫歯の問題です。
歯は生後7ヶ月くらいから生えてきますが
乳歯はとても柔らかいので虫歯になりやすいといえます。

さらに、永久歯の生え方にも影響が出やすくなります。
そのため、きちんと離乳食を食べることができているのであれば
哺乳瓶を使い続けることはやめるべきです。
1歳でも使い続ける場合は必ず歯磨きを行ってください。

息子が1歳1か月の時の出来事でした。
私は息子が1歳の歯科健診に行った時にお医者さんに
「もう今日から哺乳瓶やミルクはやめていいですよ」
と言われました。

先生の発言にびっくりしましたが
息子は食いしん坊で1日3回しっかりと離乳食を
食べたほかにおやつまでも食べていたので
安心してやめることができました。

あとは中耳炎の問題があります。
ミルク中耳炎といい赤ちゃんを寝かせたままで
哺乳瓶を与えてしまうとミルクが
耳管を伝って中耳まで流れ込んでしまうことがあるのです。

そうすることでミルクが原因
中耳炎になってしまうことがあるのです。

赤ちゃんの耳管は鼻から傾斜角度がないため
頭が上がっていないと鼻水が流れ込むのと同じで
ミルクも流れ込んでしまう危険があるのです。

1歳となれば自由に飲ませることが多くなりますが
頭を起こした状態で、哺乳瓶でミルクをあげないと
中耳炎の危険性が高くなると言えます。

よって、哺乳瓶はいつまで使うことができるかといえば
1歳から1歳半を目処にやめたいところですが
これも個人差が大きくすぐにやめられる子供と
哺乳瓶への執着が強い子がいます。

そのため、その子にタイミングでやめるとき
見極めることが大切です。

哺乳瓶の卒業の仕方とは?

哺乳瓶を卒業しようとは思っているけれども
卒業の仕方が分からない人も多いです。

そこで、哺乳瓶の卒業の仕方をご紹介していきます。

1歳となればストローを上手に使えてくる時期ですよね。
なので、ストローが使えるようになったら
すぐにでもミルクをストローで飲ませる練習を開始します。

私はこの方法で娘のミルクを
ばっちり1歳でやめることができました。

息子は1歳1か月まで哺乳瓶を使いミルクを飲んでいましたが
娘の時は8ヶ月くらいから哺乳瓶の回数を減らしたのです。

哺乳瓶でミルクをあげる時間にコップにミルクを入れて
ストローをさして飲ませてみたり
マグでミルクをあげる練習を開始しました。

スポンサードリンク

ミルクも1歳でやめようと思っていたので
離乳食が進むに従って10ccから20ccずつ
減らしていく作戦を行いました。

1歳の娘はストローで吸うのがいまだに下手ですが
上手にすえなくてもきちんと飲めたことを褒めていれば
気にしないで好きなだけ吸って飲みました。

このように段階を踏んでいけば
自然と哺乳瓶を忘れてミルクが少なくても大丈夫になります。
1歳の娘はもう牛乳で十分満足していますよ。

また、哺乳瓶の卒業の仕方で哺乳瓶を忘れさせるには
とにかく一緒に遊ぶことが大切です。

これは母乳育児をしているママさんたちにも言えることですが
哺乳瓶や母乳への執着を減らすことが大切なのです。
一緒に楽しく遊んでいれば飲むことも忘れてしまいます。
哺乳瓶よりも楽しいことがいっぱいあることがわかります。

なので、卒業する時期は家事は手抜きをして
子供ととにかく一緒の時間を過ごして
安心させてあげることが大切なのです。

私のママ友は母乳育児でしたが子供が母乳大好き
ママ大好きで困っていたので毎日のように
児童館に足を運んで子供と一緒に過ごしていましたよ。

児童館に行けば他のママさんたちもいるので
息抜きをしたり愚痴をこぼしあったりと
楽しいこともいっぱいあります。
先生たちもお話を聞いてくれたりするのでぜひ活用しましょう。

哺乳瓶の卒業の仕方は色々とありますので
子供の状態に合わせて進めてみてください。

哺乳瓶を卒業するなら寝かしつけはどうすればいい?

夜の寝かしつけは哺乳瓶を使っている人も多いですよね。
卒業するとなるとどうやって寝かしつけたらいいの?
と心配になる人も多いです。

実際に私もそうでした。
日中はストローでミルクを飲んでくれる娘も
寝る前は哺乳瓶でがっつり200cc飲んでいました。
そして、ストーンと寝付いてくれていたのです。

なので、哺乳瓶がなければ寝かしつけができないのでは?
卒業したらどうすればいいの?と心配に思っていました。

でも、意外と哺乳瓶がなくてもストローでミルク
飲ませたら寝てくれるということがわかってからは
哺乳瓶を無事卒業することができました。

そして1歳を気に牛乳に切り替えたので
ミルクも卒業することができたのです。

夜中に起きることもありましたが
背中や腰をトントンとしてあげたり
さすってあげたりすると寝てくれました。

もっとびっくりしたのは母親が寝てしまう
なぜか子供もつられて寝ているということですね。

なので、娘が寝るまで親がおきているとなると
1時間は必要となりますが母親が先に寝てしまえば
問題なく寝ていることが多いです。

どうしても夜中に大泣きする子供の場合の対処法は
マグに麦茶をいれて飲ませてあげるとよいですよ
季節にもよりますが夜中にのどが渇くこともあります。

私が出産した病院の助産師さんの子供は
今、小学生ですが水筒にお茶を入れて
夜中に飲んでいると言っていました。

なので、大きくなってもそのような子供もいますので
少し麦茶を飲ませて安心させてあげましょう。

色々な子供がいますのですべての方法があうとは言えませんが
何かしらその子にあった方法が必ずありますので
諦めずに子供に付き合ってあげてください。

母乳や哺乳瓶の乳首は3日たてば
子供は吸い方を忘れてしまうと言われています。
なので、3日間は予定をいれないで時間にゆとりをもち
夜泣き覚悟で試してみましょう。

まとめ

哺乳瓶は1歳から1歳半でやめるのが理想です。
しかし、個人差が大きく執着心が強いと
その時期にやめることはできませんので
子供にあわせて進めていきましょう。

卒業の仕方は哺乳瓶の回数を減らして
他に楽しいことがいっぱいあることを伝えてみましょう。

寝かしつけも3日間我慢して
その子にあう方法で寝かせてみてください。
必ずみんなが通る道なので諦めずに
どっしりと構えて行ってみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑