父の日定番の黄色いバラの花言葉は?何色がいい?鉢植えでもいいの?

公開日:  最終更新日:2016/03/20

母の日はカーネーションで父の日は黄色いバラが定番ですよね。

父の日のプレゼントにお花を贈ろうと思っている人も
黄色いバラの花言葉をきちんと確認したことがありますか?
花言葉を重視するなら他のお花がおすすめと言えます。

そこで、父の日におすすめのお花についてまとめてみました。

スポンサードリンク

父の日定番の黄色いバラの花言葉は?

父の日のプレゼントにお花を考えている人も多いですよね。
父の日と言えば黄色いバラが定番です。
でも、黄色いバラの花言葉をあなたはご存知ですか?
 
 
 
<黄色いバラの花言葉>

友情

献身

嫉妬

別れ
 
 
 
このように悪い意味もありますので
父の日に黄色いバラを贈るのはあまりおすすめしません。

特に義父へ贈るのであれば
花言葉を重視してプレゼントしないのが無難と言えます。
 
 
 
では、どうして悪い意味も含まれている
黄色いバラが父の日の定番になったのでしょう?
 
 
 
それは、日本で1981年に設立された
「日本ファーザーズ・デイ委員会」が開催した
「父の日黄色いリボンキャンペーン」があるためです。
 
 
 
「ベスト・ファーザーイエローリボン賞」という言葉を
聞いたことがありますよね。

父の日黄色いリボンキャンペーンもその一環で
黄色は「幸せや幸福の象徴」とされていることから
父の日のイメージカラーとなったのです。

これがバラの花と融合し
黄色いバラを父の日に贈る風習が定着しました。
 
 
 
なので、黄色いバラの良い意味を重視して
父の日のプレゼントとして贈りたいのであれば
黄色いバラだけにせずに他の色と組み合わせながら
プレゼントしてくださいね。

父の日にバラを贈るなら何色がおすすめ?

バラには色々な色がありますよね。
バラの色によって花言葉の意味が異なります。

では、父の日に黄色いバラ以外を贈るとなれば
何色のバラがおすすめなのか気になりますよね。
そこで、ここからはバラの花言葉を色別に
ご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
 
 
 
<バラの花言葉>

赤:情熱、愛情、美、強烈な恋、あなたを愛します

白:純潔、清純、素朴、心からの尊敬、約束を守る

ピンク:上品、気品、しとやか、温かい心、満足

オレンジ:信頼、絆

青:奇跡、神の祝福、夢かなう

紫:気品、誇り、上品、王座、尊敬
 
 
 
このように色によってバラの花言葉は異なります。

白のバラは尊敬という意味も入っているので
父親に贈るのにぴったりな感じもしますが
白のバラだけで贈るのは亡くなった父親へ贈ることになるので
気をつけてください。

よって、父の日にバラを贈りたい人であれば
黄色に近い「オレンジ」を贈るのがおすすめです。
花言葉も「信頼」、「絆」なので
家族からのプレゼントにぴったりといえますよね。

スポンサードリンク

父親自身は花言葉など特に気にしていない人が多いですが
念のために花言葉はチェックしてからプレゼントをしましょう。

父の日はバラじゃなくて鉢植えでもいいの?

父の日にお花をプレゼントする人の多くは
花束やフラワーアレンジメントなどにします。

でも、父の日にお花を贈るとき
必ずしも花束やフラワーアレンジメントでなくてもいいんですよ。
 
 
 
花束を贈ると花瓶が必要になりますし
長い間、お花を楽しむことができません。
フラワーアレンジメントも同様のことが言えます。

そこで、おすすめなのが鉢植えです。
鉢植えなら毎日水やりをしながら長い間
お花を楽しむことができますしお世話も毎日の日課になります。

定年退職したお父さんには鉢植えがおすすめと言えますよ。
毎日、やることがあって老後の一つの楽しみにもなります。
 
 
 
ここからは鉢植えでおすすめのお花をご紹介しますね。

〇ぶどうの鉢植え

父の日は6月の第3日曜日ですが
この時期はぶどうを育てるのにぴったりの季節と言えます。
実がついているぶどうの鉢植えが
園芸店に出回り始める頃なのでプレゼントに最適です。
 
 
 
〇レモンやライムの鉢植え

レモンやライムの鉢植えは比較的育てやすく
家庭菜園にも向いています。
晩酌などをするお父さんなら自分で育てた
レモンとライムで毎日の晩酌がさらに楽しくなりますよ。
 
 
 
〇ひまわり

父の日のイメージカラーである黄色の花でおすすめです。
花言葉も「あなただけを見つめる」
「崇拝」「愛慕」という意味がありますので
父の日にもぴったりのお花と言えます。
 
 
 
〇ゆり

ゆりの花言葉に「子の愛」という意味があります。
なので、父の日のプレゼントにおすすめと言えますね。
ただ、ゆりも色によっては花言葉の意味が異なりますから
「子の愛」を使いたいのであれば「白」のゆりを選びましょう。
 
 
 
〇胡蝶蘭

胡蝶蘭は気品ある花で大人にぴったりと言えます。
ただ、育てるのが難しい花ですが
定年退職した父親にだったら適していると言えますね。

時間もありますし大切に育ててくれそうです。
胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」
という意味がありますので父の日のプレゼントに最適ですね。
 
 
 
このように、父の日にお花を贈るときは
鉢植えを贈っても問題ありません。

父親が一番喜んでくれそうなものを選び
父の日にプレゼントしてくださいね。

まとめ

母の日ほど父の日は盛り上がらないイベントですが
きちんと父親へ感謝の気持ちを表すのは大切なことです。

お花を贈るときは念のために花言葉をチェックしてくださいね。
父親がお花に詳しくない人であっても
せっかくの贈り物ですから出来るだけよい花言葉を持つもので
父の日にプレゼントしてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑