ママ友と上手な付き合い方は?断り方は?いつまで続くものか?

公開日:  最終更新日:2015/11/20

最近ママ友との人間関係が難しいと感じます。

ママ友と上手な付き合い方はどうすればいいのかな?
上手な断り方ってあるの?
ママ友との関係は永遠に続くのかな?

そこで、ママ友の人間関係についてまとめてみました。

スポンサードリンク

ママ友との上手な付き合い方は?

ママ友というのはありがたい時もあれば
面倒なときもありますよね。

子供と通じて知り合ったママ友は必ずしも
すべての人が自分に合うわけではありません。
人付き合いが苦手なママにはとても苦痛がいっぱいです。

ママ友というのは年齢差が大きく
私の場合26歳で初めて息子を産みましたが
私のママ友は40歳で初めて子供を産んでいます。

なので、年齢差が大きいと会話だけでも
気を遣うことが多いので当たり障りのない会話
しないといけなくなります。

これからママ友と上手な付き合い方をしていくためには
どうすればいいのかなと悩んでしまいますよね。

上手な付き合い方のコツとしては
浅く広く付き合うことがもっとも理想的です。

ママ友がいないことは情報交換をすることができない
デメリットもありますがママ友同士本音で話し合いが
出来る友達というわけではありませんので
割り切ってお付き合いをするとストレスをためることがありません。

そして、距離を置くとさらに楽になります。
ママ友というのは女同士ということですので
トラブルが起こりやすいのが現状といえます。

最近ではSNSなどが盛んになったこともあり
ママ友いじめが増えてきています。
ママがいじめられると子供も仲間外れにされてしまうので
気をつけて付き合っていく必要があるのです。

よって、調子のよい人には近づかないことと
一緒にいて疲れる人には近づかないこと
きちんと距離を置くことが大切だと言えます。

もともと広い付き合いをするのが苦手な人もいますよね。
そのような人は幼稚園など学校のクラス役員の一人
メル友になっておけばクラスの他のママ友の状況を知っているので
教えてもらうことができ一人という孤独感もなくなります。

私は息子が生まれた時に母親教室で知り合った人たちと
ママ友の関係は続いていますがママ会で
月に一度会うくらいとなっています。

児童館から仲良くしてもらっているママ友は
幼稚園も同じなので月に一度お茶会をしています。

とはいえ、特に気が向かない限りは会いませんので
浅く広く必要な時だけママ友と付き合っていますよ。

私も人付き合いが苦手な方で特に大勢いる場所が苦手です。
なので、無理をしても疲れるだけなので
背伸びをしないで自分の都合が良い時だけ
ママ友と一緒に遊んだりしています。

ママ友に対して上手な断り方はある?

ママ友と接する機会が増えてくると急なお誘いもありますよね。
特に厄介なのがママ友だけのランチです。
これを断りたいけれどどうしたらいいのか
悩む人も多いと言えます。

ママ友に対して角が立たない上手な断り方
知っておきたいと思いますよね。
ちょっとした一言で勘違いをされ
いじめに発展する可能性もありますからね。

スポンサードリンク

上手な断り方としてはパパを理由にするのが無難です。

例えば
「今日はお休みになったから平日しかできない用事を
一緒に済ませなければいけないの。」

他にも上手な断り方としては
「下の子供が風邪をひいてしまってみんなにうつしたら
大変だから今日は行くことができません。」

もしくは自分が体調不良にしてしまうと
角が立たずに上手に断ることができます。

上手な断り方のポイントは必ず
「誘ってくれてどうもありがとう」
「すみません」
「また誘ってください」
を入れてください。

相手を不快な気持ちにさせずに断ることができます。

私もよくパパを理由に断ることがあります。
私の場合は土日などにママ友からのお誘いがあり
パパが土日も仕事があったりすると
車を使うことができずママ友宅へ移動することができません。

なので、この方法をよく使っていますよ。

あとは、子供の習い事を理由にするのも
上手な断り方と言えます。

ママ友からの誘いがこないように
子供に色々な習い事をさせるのも一つの方法ですね。

上手な断り方で自分に合うものを選択して
ママ友からのお誘いを乗り切ってくださいね。

ママ友との付き合いはいつまで続くもの?

ママ友との付き合いがいつまで続くのか
心配になる人は多いです。

幼稚園も小学校も中学校も一緒となると
ママ友の付き合いは長くなりますし
関係を良好にしていないとあとで
大変になるかもしれないと心配しますよね。

でも、中学校になればママ友との付き合いは
自然と無くなっていきます。

また、進む学校が異なることもありますので
いつまで続くのかと悩まなくても大丈夫です。

小学校に入れば子供は仲の良い友達が変わり
ママ友も自然と変わっていきます。
そのため、仲の良くないママ友とは
子供が小学校に入学すれば自然消滅するといえます。

さらに、子供が部活動を始めるとそちらが
優先的になってきますのでママ友関係も
部活動のママ友になってきますよ。

仲の良いママ友とならいつまで続いても問題ありませんが
気を遣う相手だと憂鬱になりますよね。

私のママ友も子供の幼稚園をママ友と相談しながら
決めていましたよ。
小学校に行ってから子供の友達が少なくなるのが心配だけど
ママ友は近場の幼稚園を選んでいない。

だからどっちの幼稚園に入れようか迷っていると言っていました。
ママ友との絆を取るか子供が通いやすく
小学校まで続く友達を作らせるのか悩みどころですよね。

子供が大きくなっていけばどんどん交流は減りますので
ママ友とは割り切ってお付き合いをしていきましょう。

まとめ

ママ友と上手な付き合い方は深入りをしないで
浅く広くある程度距離を置くことが大切です。
そうしないとママ友に振り回されたり
トラブルが増えることになります。

上手な断り方としてはポイントを守りつつ
パパや子供の習い事、風邪をひいたといえば
角が立たずに断ることができます。

ママ友の関係は子供がどこの学校に進むかによってかわり
中学生ともなれば自然と付き合いもなくなりますので
子供が大きくなるのを見守りながら交流していきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑