自転車の傘差し運転は違反で傘立ても禁止?雨対策でおすすめグッズは

公開日: 

道路交通法が改正されて自転車運転講習制度が導入されました。

これまでよりも自転車へ対する取り締まりが厳しくなりましたので
まだ法律をよく理解していないという人は
きちんと復習をして自転車を運転する必要があります。

そこで、自転車の傘差し運転についてまとめてみました。

スポンサードリンク

自転車の傘差し運転は違反なので絶対にしない!

毎日自転車を利用している人は
雨の日の運転は特に注意が必要になります。
 
 
 
なぜなら道路交通法が改正されて
自転車の運転の取り締まりが厳しくなったからです。
 
 
 
自転車を運転していて危険な行為を
3年以内に取り締まりされた場合や交通事故を
繰り返し起こした時に公安委員会から運転者講習をするように
通達がきてしまいます。

 
 
 
運転者の受講料は5700円

受講しない場合は5万円以下の罰金
 
 
 
どのような行為が危険なのか
いまだによくわかっていない人もいますので
復習を兼ねて危険行為の種類をご紹介しますね。
 
 
 
<危険行為14類型>

①信号無視

②通行禁止違反

③歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)

④通行区分違反

⑤路側帯通行時の歩行者の通行妨害

⑥遮断踏切立ち入り

⑦交差点安全進行義務違反等

⑧交差点優先車妨害等

⑨環状交差点安全進行義務違反等

⑩指定場所一時不停止等

⑪歩道通行時の通行方法違反

⑫制御装置(ブレーキ)不良自転車運転

⑬酒酔い運転

⑭安全運転義務違反

参照:警視庁 http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/bicycle/kousyu.htm
 
 
 
この中でも⑭が一番のポイントと言えます。

これはスマートフォンやイヤホンで音楽を聞きながら
運転をしてはいけないですし
傘を差しながら自転車を運転してはいけません。

これらは危険行為になり違反となりますので気をつけましょう。

他の危険行為も難しい言葉で色々と書いていますが
簡単に解説をすると自転車は自動車と同じと考えましょう。

よって、自転車も左側走行ですし
歩道ではなく路側帯を通るのが基本となります。

また、一時停止も必要ですし
車の標識で一方通行も逆走してはいけません。
 
 
 
このように、自転車を運転するときは
危険行為をしないように気をつけてくださいね。

これは雨の日に限らず普段の生活の中でも
危険行為に該当することは色々とあります。

傘も雨傘だけではなく日傘を差しても違反になりますから
特に女性は気をつけて自転車を利用してくださいね。

自転車の傘立てを使って運転するのも禁止?

自転車は傘差し運転が違反ということになっていますが
便利グッズにある傘立てを使って自転車を運転するのも
禁止なのかな?
と疑問を持つ人もいますよね。
 
 
 
実は、傘立てについては地域によって禁止されていたり
使用することができたりする
ので
自分が住んでいる地域の条例に従って利用することが大切です。

そこで、ここからは傘立ての使用について地域別
ご紹介していきますので参考にしてみてくださいね。
 
 
 
〇傘のすべてを禁止している都道府県

・青森県

・岩手県

・福井県

・静岡県

・三重県
 
 
 
これらの県は傘立ても禁止している地域です。
よって自転車を運転するときは傘を絶対に使ってはいけませんので
雨の日はレインコートなどで対策をしましょう。
 
 
 
〇条例がやや曖昧で傘を使っての運転が禁止の都道府県

・北海道

・秋田県

・宮城県

・福島県

・群馬県

・埼玉県

・東京都

・千葉県

・神奈川県

・新潟県

・石川県

・富山県

・山梨県

・岐阜県

・滋賀県

・大阪府

・兵庫県

・奈良県

・和歌山県

・鳥取県

・岡山県

・島根県

・徳島県

・山口県

・鳥取県

・愛媛県

・高知県

・佐賀県

・福岡県

・大分県

・宮崎県

・鹿児島県

・沖縄県
 
 
 
傘をさして自転車を運転することは
「安全性を失うおそれがある」ということで
禁止という明確な表記がなく曖昧ながらも
傘差し運転は禁止という条文になっている都道府県です。

よって、傘立てをはっきりと禁止してはいけませんが
危険行為で取り締まられないように使わないのが無難です。
 
 
 
〇条件を満たさないと使用できない都道府県

・山形県

・栃木県

・茨城県

・愛知県

・京都府

・広島県

・熊本県

・長崎県
 
 
 
交通量が少ないという一定の条件を満たさない限り
傘立てを使っての自転車運転はしていけないというところです。
よって、自分が住んでいる地域を確認することが大切です。
 
 
 
〇傘立てが禁止されていない都道府県

・長野県
 
 
 
唯一傘立てを禁止していない県です。
よって、雨の日でも傘立てを使用することができます。

ですが、雨の日は自転車を運転する環境がよくありませんので
使うときは正しい方法で行ってくださいね。

スポンサードリンク

自転車で傘以外の雨対策は何がおすすめ?

自転車で傘差し運転は違反だし
傘立ても住んでいる地域によっては全く使えなかったりします。

でも、雨の日でも自転車を使えないと不便だと感じる人は
どのような雨対策をすればいいのか悩みますよね。
 
 
 
雨の日に自転車を運転するときに
体が汚れないようにできるだけカバーすることが重要になります。
そこで、おすすめの雨対策グッズをご紹介しますね。
 
 
 
雨の日に傘をさすことができないので
レインコートを着て運転する人は多いですが
この時に顔が濡れ、髪も濡れたりしますよね。

でも、女性によって顔や髪が濡れるのはとても困ります。
出かけた先でビショビショだと1日ブルーな気分になるので
そのようなときにおすすめなのが
「雨用ぼうし」です。

雨用ぼうしは防水・通気性の繊維で作られているため
頭の中が蒸れないように工夫されていて女性にとっては
嬉しい機能が多いです。
 
 
 
雨の日に自転車を運転すると靴も濡れてしまいますよね。
雨対策でおすすめなのが「レインシューズカバー」です。

脱着は少し面倒と言えますがこれを使用すれば
靴や靴下を完全に雨から守ることができます。

足元がビチョビチョになりたくない人は
ぜひ試してみてくださいね。
 
 
 
雨の日に自転車を運転するとき傘差し運転は違反になるので
レインコートを着る必要があります。
自転車におすすめのレインコートは色々とありますので
自分に合ったレインコートを見つけてみてください。
 
 
 
このように雨対策のおすすめグッズを取り入れれば
傘よりも雨から守ることができて大変便利です。

とはいえ、雨の日の運転環境は悪いので
自転車を利用するときはいつもより気をつけて運転してください。

まとめ

いかがでしたか?
雨の日に傘差し運転は違反だというのは知っていても
傘立てについてはよく理解していなかった人も多いですよね。

自分が住んでいる地域によって
内容が変わってきますので確認することが大切です。

あとは雨対策の便利グッズを上手に取り入れて
危険行為をしないように気をつけながら自転車を利用しましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑