クレジットカードは自己破産者でも!いつから借入?また借金をしてしまったら

公開日: 

自己破産をするとクレジットカードが持てないと思われいます。

しかし、全部の会社で拒否するとは限らないのです。

場合によっては、作らせてくれるクレジットカードの会社は?

スポンサードリンク

クレジットカードは自己破産者でも作ることができる

自己破産をしていることで、クレジットカードを作ることは無理だと思っている人も多いと思います。

しかし、正しく順序を踏むことができれば、クレジットカードを作ることも夢ではないのです

もし、正しく順序を踏んでクレジットカードを作ることができたとしても一度失敗をしているので二度と同じ過ちを繰り返さないようにしないといけません。

 
 
では、どのような手順を踏めば、自己破産をしていてもクレジットカードを作ることができるのでしょうか。

自己破産をすることで、CICといわれる個人信用情報機関では5年、日本信用情報機構も5年、全国全国銀行情報センターは10年の間、自己破産をしている記録は消えることはありません。

よって、この期間はクレジットカードを作ることはまず無理に等しいのです。

 
 
しかし、外資系のクレジットカードであるアメックスでは審査を通過することができたりするのです。

これは、自己破産をした過去の事実をみるのではなく、現在の収入や属性を重視しているため、審査を通過することができるというわけなのです。

これは、現在の属性を重視し、発行審査をする欧米文化からきていると考えられます。

 
 
よって、クレジットカードを作る手順としては、まず外資系のクレジットカードを申し込んでおき、携帯電話などを分割払いにするところから始めると、他のクレジットカードの審査も通ることができるようになるのです。

一度確実な実績を作ることによって、自己破産をしていてもクレジットカードを利用することができるようになるというわけなのです。

いつから借入できるか?自己破産後

自己破産後いつから借入できるかと考えることがあるでしょう。

これは、信用情報機関に事故者として登録されている期間は借入を行うことができません。

しかし、情報が抹消されることによって借入をすることが可能となるでしょう。

その期間は7年から10年といわれています。

よって、この期間が過ぎれば、自己破産後借入をすることが可能となるわけです。

 
 
しかし、注意してほしいことがあります。

それは、いくら信用情報機関に事故者として登録されていたのが抹消された期間であっても、会社によっては永久貸出禁止先として登録していることがあります。

スポンサードリンク

よって、この永久貸出禁止先として登録されてしまえば、何年たっても借入をすることができないというわけなのです。

 
 
よって、自己破産後、いつから借入できるかについては人によって異なってくるでしょう。

もしどうしても借入をしたいと思うのであれば、今まで利用していない会社を選択することが必要となります。

しかし、自己破産によって債権者に迷惑をかけたのですから、5年から7年は反省期間として、借入をしなくてもよい生活習慣を身に着けるべきだと思います。

 
 
また、自己破産後いつから借入できるかについて7年から10年と言いましたが、その期間が経過していなくてもお金を貸してくれるところがあります。

それは、闇金です。

闇金は違法な高金利で貸し付けを行っています。

いくらお金に困っているからと言って闇金にだけは手を出さないようにしてください。

これに手を出すことによって自分の生活をもっと苦しめるだけなのです。

また借金をしてしまった・・・自己破産後どうすればいい?

自己破産後にまた借金をしてしまったという人もいるでしょう。

また借金をして返済することが困難となり、どうすればよいかと悩んだりすると思います。

自己破産後は7年以上経過していないと再度自己破産をすることができないのです。

そして、必ず2回目も自己破産をすることができるというわけではなく、難易度が前回よりも上がるのです。

よって、2回目の自己破産よりも別の方法を考えた方がよいかもしれません。

 
 
また借金をして返済することができなくなり、2回目の自己破産をしようとしたときに、作った借金の理由がギャンブルや浪費などの原因となる場合、免責許可が認められないケースがあります。

これは、1回目の自己破産後に何も反省をしていないと判断されてしまうからなのです。

よって、免責許可を認めてもらうことが困難となり、借金を帳消しにすることは難しいようです。

 
 
では、自己破産後にまた借金をして返済することができなくなったらどうすればよいのでしょうか。

まずは弁護士に相談するとよいです。

1度自己破産をしているため、自力で自己破産を進めていくことは大変難しいと言われているためです。

よって、無料相談をしてくれる事務所を探してまずは、相談から始めてみるとよいでしょう。

 
 
また、弁護士事務所を探す時に気を付けるポイントとしては、無料相談ができることや実績があることが必要です。

そして、費用や支払方法が明確でないといけません。

つまり、初期費用がかからない事務所を選択するとこれからスムーズに手続きを進めていくことができると思います。

一番良いことは自己破産後借金を作らないことですが、どうしても困ったときは弁護士に相談するようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑