給料日までお金がない?融資可能か?自動審査が行えない原因とは?

公開日:  最終更新日:2016/06/21

給料日までお金がないという困ったときにはキャッシングが頼りになります。

もし、まだだったら融資可能がどうかを確認しておくことをオススメします。

もし自動審査で落ちてしまうのしたら、どんな原因があるのでしょうか?

スポンサードリンク

給料日までお金がないときどうするとよいのか

急な出費が続くことで、給料日までお金がないということがあるでしょう。

お金がないときは貯金を切り崩すとよいですが、貯金をしていない人はどうするとよいのでしょうか。

そのような場合は、カードローンキャッシングを利用することで、一時的にしのぐことができるのです。

カードローンの申し込みはとても簡単で審査を通過することができれば、すぐにお金を借りることができるのです。

 
 
そのため、給料日までお金がないときどうするとよいかと悩んでいる人は、インターネットなどからカードローンを申し込みすればよいのです。

最近ではスマホからでも簡単に利用することができ、インターネット契約でしたら24時間受付をしています。

そして、直接お店にいかなくてもお金を借りることができるのです。

 
 
消費者金融に対して悪いイメージを持っている人も多く、お店を訪れるのが怖かったり、気が引きたりする人も多いでしょう。

そのため、キャッシングをしたいけれど、どうするとよいか悩んだときは、パソコンやスマホを利用することによって、直接お店のスタッフと関わることなく契約を済ませることができるのです。

よって、給料日までお金がないときでも、誰に知られることもなく関わることなく借入をすることができるのです。

 
 
このように、給料日までお金がないときどうすると思ったら、カードローンキャッシングを利用するとよいでしょう。

新規申し込みの人で、条件を満たせば30日間無利息サービスを利用することもできますし、1週間以内の利用でしたら、何回利用しても無利息の会社もあるのです。

よって、カードローンキャッシングを利用するときは、自分に適している会社を選択することが重要となります。

融資が可能であるか診断してみよう

キャッシングを利用する場合、必ずどこの会社でも審査を行います。

そのため、キャッシングを利用する前に、融資が可能であるか診断しておく方がよいでしょう。

消費者金融のサイトでは、必要事項を入力するだけで融資が可能であるか診断をすることができます。

この審査結果によって、手続きをスムーズに進めていくことができるでしょう。

 
 
ですが、融資が可能であるか診断した際に、審査を通過したと思って手続きをしても、本審査で通らないという場合もあります。

始めに行った融資が可能であるかの診断というのは、あくまでも仮審査のため、本審査で通らない場合もあるのです。

スポンサードリンク

そして、仮審査は必要事項が少なすぎるため、お金を貸すことができるかをすべて判断することができないのです。

 
 
では、融資が可能であるか即診断できる消費者金融のサイトをご紹介しましょう。

それは、アイフルです。

アイフルでは、年齢、雇用形態、年収、他社借入金額を入力するだけで1秒で融資が可能であるか診断をしてくれます。

ここで、融資が可能であると判断したのであれば、そのままインターネット上で手続きを行うことで、すぐに借り入れをすることができるでしょう。

 
 
このように、借り入れをすることができるか診断することで、申込をすることができるかがわかるのでとても便利です。

初めての人で、審査が通るか不安だという人も一度、融資が可能であるかを診断してからですと安心して手続きをふむことができるに違い有りません。

また、入力する情報に関しては正しいものを入力しないと本審査で嘘がばれてしまいますので、注意してください。

自動審査が行えない原因とは

プロミスでキャッシングを利用するときは、自動審査で仮審査をすることができ、本審査で融資をしてもらえるかが決まります。

ですが、中には自動審査が行えないという人がいるのです。

この自動審査が行えない理由としては、申込条件を満たしていないかもしれません。

利用できる対象者というのは、年齢が20歳以上69歳以下の本人で安定した収入がある人のことをいいます。

よって、19歳以下の人や70歳以上の人は利用できないのです。

 
 
安定した収入というのは、収入が少なくても継続して勤めているということが必要なのです。

そのため、どんなに収入が多い場合であっても、勤続年数が1ヶ月では融資してもらうことができません。

よって、最低でも半年から1年会社で働いていることが大切となるのです。

 
 
自動審査が行えない原因としてあと考えられることは、自己破産をして数年程度しかたっていない場合や多重債務もしくは、延滞をしたことがある場合などです。

このような原因があることによって、自動審査が行えないため、融資をしてもらうことができないのです。

よって、キャッシングを利用する前に、借金の整理をして返済しないといけないものがある場合は、きちんと返済する方が優先となります。

 
 
借金を借金で返し続けることで、その金額はどんどん増える一方です。

もし、借金を返済することが難しいとなった場合は、債務整理などをするとよいでしょう。

もしくは、キャッシングを利用している会社に相談することもよいかもしれません。

最近では、他社借入の借金をまとめて支払うこともできるようになってきました。

そうすることで、利息を減らすことができますので、早く借金を減らすことができるでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑