食費を節約は一人暮らしをしている大学生は?食費の目安は?

公開日:  最終更新日:2016/09/04

一人暮らしをしている大学生の食費はあまり多く使えるものではありません。

なので、節約が大切であり、そのためには自炊がおすすめだと言えます。

一人暮らしの食費の目安は全国平均で、37,486円となっています。

しかし、外食や飲み会が重なるとこれよりも多くかかってしまうのです。

食費を節約することができれば、もう少し生活に余裕を持たせることができるのです。

スポンサードリンク

食費を節約:一人暮らしをしている大学生

一人暮らしをしている大学生の食費の平均は22000円というデータがあります。

これはあくまでも平均なので実際はもっと多く使用している人が多いです。

基本的に収入の20%が食費として使用できるものですが、一人暮らしをしている大学生には当てはまらない計算となります。

とはいえ、生活の中で一番節約できるのは食費であり、自炊をすることで食費を節約できるといえます。

 
 
食費をたとえば月に2万円と仮定します。

そうなると1日の食費はだいたい640円くらいです。

金額がわかれば1日にどのくらい食費に使っていいかを把握することができます。

一人暮らしをしている大学生の昼食はだいたいが学食で済ませる人が多いです。

学食で350円使ったとすると朝と夜の食事は290円しか使うことができないというわけです。

よって、自炊をすればこの金額内で食費を抑えることができます。

 
 
でも、今まで自炊をしたことが無い人からするととても大変だと思いますよね。

でも、ちょっとした工夫で食費を節約することができるのです。

まず簡単にできることは、白いご飯を常に炊いておくということです。

これならお昼におにぎりだけでも大丈夫ですよね。

または、おかずを購入するだけでも節約につなげることができます。

なので、野菜やお肉などがなくてもとりあえずお米があればいいというわけなのです。

 
 
このように、一人暮らしをしている大学生は食費を抑えるためには自炊がおすすめであり、どうしても自炊が上手にできないと不安がある場合は、お米だけは炊くようにしましょう。

スポンサードリンク

そうするだけでも食費を節約することができ、ういたお金を他の費用に回すことができるのです。

食費の目安は?一人暮らし編

一人暮らしは何かとお金がかかりますが、食費の目安は一体どのくらいなのでしょうか。

全国平均でみると37,486円となっているのです。

ですが、この全国平均の食費の目安は高収入の独身者も含まれているため、金額的にはもう少し上の場合があります。

特に男性は外食や飲み会が続くことによって、これよりも出費が多いといえるのです。

よって、生活に余裕を少しでも持たせたいなら食費を節約することが大切になってきます。

 
 
食費の目安としては、収入の8%から10%が理想なのです。

よって、一ヶ月にかかる食費をきちんと把握しておくことが大切です。

つまり、初めての一人暮らしをする場合、食費の目安としては2.5万円から3万円以下に抑えることが理想と言えるのです。

このように目安を把握しておかないと、際限なく食費を使ってしまうことになり、節約をすることができないのです。

 
 
では、一人暮らしの食費を節約するためにはどのような工夫をすればよいのでしょうか。

まずは、コンビニを利用しないことです。

コンビニでお弁当や飲み物を買うのでしたら、スーパーを利用した方が安く済むからです。

また、スーパーを利用するのも、週末だけにしておき、まとめ買いをしておくことによって、無駄なものを買わずに済みます。

そのため、節約につなげることができるのです。

 
 
また、食費を節約するのでしたら、自炊をすることが大切です。

常にお米は炊くようにして、残っているものは冷凍保存しましょう。

そうすることで、無駄な電気代を使わずに済みますし、いつでもご飯を食べることができるのです。

そして、会社などに持っていく飲み物は持参しましょう。

そうすれば、たくさん節約をすることができるのです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑