結婚前に自己破産をしている人は結婚したらどうなるの?

公開日:  最終更新日:2016/10/06

結婚前に自己破産をしている人はたくさんいるでしょう。

自己破産をするなら結婚前の方がよいと思います。
なぜなら結婚してから相手に迷惑をかけるよりは、結婚する前に借金を無くしておいた方がよいからなのです。

自己破産後に結婚したらどうなるのでしょうか。

自己破産をしても住民票や戸籍には記載されませんので結婚自体は何の問題もないでしょう。
そして、ローンなどは今まで通り組むことができませんので、必要な場合は結婚相手にお願いするしかないでしょう。

スポンサードリンク

結婚前に自己破産をしている人

結婚前に自己破産を経験している人はたくさんいると思います。

これは大変良いことで、自己破産をするなら結婚前がよいのです。

これは結婚してから自己破産をしてしまうと相手に迷惑をかけることになってしまうからなのです。

なぜなら、結婚をすることで自分が所有する財産というのは相手が所有する財産と1つの共有財産になるからなのです。

よって、結婚前に借金を無くしておいた方がよいと思います。

 
 
近年、共働きの夫婦はそれぞれがお金を管理するようになってきている人も増えてきました。

そのため、収入や財産を共有しない形態をとる夫婦も増えているのです。

しかし、結婚する夫婦の全体を見るとまだまだ少ないので、結婚前から借金があり、結婚した後に自己破産をすると配偶者に迷惑をかけてしまうのです。

そして、配偶者に対しての裏切り行為ともいえるため、最悪の結果としては離婚問題になるでしょう。

 
 
結婚前に自己破産をしていることは、特に伝えなければ本人はわからないことだと思います。

これを伝えることによって不安に思わせてしまうこともあるかもしれませんが、特に生活に影響を与えることはないでしょう。

ただ、大きな買い物をすることができなくなりますので、そこだけ気を付けないといけません。

スポンサードリンク

 
 
そのため、結婚前に自己破産をしていることはきちんと配偶者になる人に伝えておいた方がよいでしょう。

そうすることで何も隠し事はなくなりますし、これからの生活にあたって困ることもないと思います。

あとは、どうして自己破産をしてしまったのかをきちんと伝えて理解してもらうことが大切だと思います。

結婚したらどうなるの?自己破産後のこと

自己破産後に結婚したらどうなるのかと思ったりするでしょう。

名字や住所が変わることによって、自己破産後に結婚をしたらクレジットカードを作れたりローンを組むことができると思いそうですが、実際は無理です。

そして、自己破産が結婚に何らかの影響を及ぼすのではないかと思ったりもするかもしれませんが、自己破産をしても住民票や戸籍には記載されることはありません。

 
 
つまり、自己破産後に結婚したらどうなると心配することは特にないのです。

また、結婚相手にも自己破産をしたことを話さなければわからないままといえるでしょう。

しかし、自己破産後は7年から10年はクレジットカードを作ったり、ローンを組むことができないため、何らかの形でばれてしまうことがあると思います。

 
 
よって、結婚相手には始めから自己破産をしていることを伝えておいた方がのちに困ることはないと思います。

そして、年齢層が高いと自己破産に対してのイメージが悪い人が多いため、自己破産の正しい知識を伝えておくことも大切でしょう。

そうすることで、結婚相手の親にもきちんと理解をしてもらえるのではないのでしょうか。

 
 
このように、自己破産後に結婚したらどうなる?という問いに対して、今まで通りクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることはできません。

しかし、結婚自体には特に影響を与えることがありませんので、結婚相手には自己破産をしたということは伝えておくべきでしょう。

そうすることで幸せな結婚生活を送ることができると思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑