女性の加齢臭について、また加齢臭と閉経について

公開日:  最終更新日:2017/03/10

加齢臭は男性だめのものではなく、女性にも引き起こされるものです。

女性の加齢臭は、どのように対策すればよいのでしょうか。

女性は、閉経すると女性ホルモンが減ります。

女性ホルモンの減少は、加齢臭を引き起こします。

女性の加齢臭はどのように対策すればよいのでしょうか。

スポンサードリンク

女性の加齢臭について

加齢臭に悩む方の多くは男性です。

よく加齢臭はオヤジ臭ともいわれています。

ですから、加齢臭は男性の悩みであるということが一般的となっています。

 
 
しかし、加齢臭は女性にも引き起こされるものです。

女性の場合、40代から加齢臭が目立ち始めることが多いです。

なぜ40代から女性の加齢臭が目立ち始めるのかが気になります。

 
 
40代からは、女性ホルモンが減少し始めます。

女性ホルモンは、皮脂の分泌を抑制する働きがあります。

加齢臭の原因は、皮脂が原因となっているのです。

 
 
皮脂の、ノネナールという物質が加齢臭の原因です。

ノネナールは、過酸化物質とパルミトオレイン酸の反応によって発生します。

パルミトオレイン酸というのは中高年に特有のものです。

 
 
男性の加齢臭は、60代から弱まっていきます。

60代からになると、男性ホルモンは減少していきます。

それに伴って、皮脂量も減少していくのです。

 
 
女性の場合、加齢に伴って女性ホルモンが減少していきますが、それによって皮脂量は増えていくばかりです。

そのため、女性の加齢臭は男性に比べて長続きする、強いといわれています。

 
 
女性の加齢臭を抑える方法としては、女性ホルモンの量を増やすということが挙げられます。

女性ホルモンを補うには、女性ホルモンに類似したはたらきのあるものを摂取するという方法があります。

 
 
女性ホルモンに類似したものとしては、大豆イソフラボンというものが挙げられます。

スポンサードリンク

また、動物性蛋白ではなく植物性蛋白を摂ることは体臭を減らすことに繋がります。

 
 
加齢臭が気になる女性は、まず食生活の見直しをしたほうがよいかもしれません。

女性の加齢臭と閉経について

加齢臭というのは、男性だけではなく女性の問題でもあります。

しかも、女性の加齢臭は、男性よりも長続きしきついという特徴があります。

女性が加齢臭になるメカニズムとはどのようなものでしょうか。

 
 
男性の場合、加齢に伴って男性ホルモンは減少していきます。

男性ホルモンが減少していく60代からは、皮脂は減っていき、その結果加齢臭は減少していきます。

 
 
対して、女性の場合、加齢によって女性ホルモンが減少していくばかりです。

女性ホルモンは、皮脂を抑える働きがありますが、その女性ホルモンが減少していくことによって加齢臭はきつくなっていく傾向があります。

 
 
女性の女性ホルモンが減少し始めるのは、閉経が始まる40代のころです。

閉経すると、更年期などの症状が出たりしますが、閉経による加齢臭も見逃せないものです。

 
 
加齢臭のメカニズムとしては、過酸化物質とパルミトオレイン酸という中高年に特有の脂肪酸が反応することによって発生します。

それらが反応してできなものが、ノネナールというものなのです。

 
 
閉経した女性の加齢臭を防ぐにはどうすればよいのかということが気になります。

閉経することは防げませんが、減少する女性ホルモンを補うという方法ならあります。

 
 
女性ホルモンではありませんが、女性ホルモンとにたような働きをするのが大豆イソフラボンというものです。

大豆イソフラボンを多く摂取することによって加齢臭は減少します。

 
 
また、植物性蛋白をおおく摂取することは体臭の減少に繋がります。

動物性蛋白は、体臭をきつくする原因となるのです。

 
 
ですから、いちばん簡単にできる女性の加齢臭対策としては、食生活の見直しということが挙げられるのです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑