耳の加齢臭と頭皮の毛髪の加齢臭について

公開日:  最終更新日:2017/04/24

加齢臭で、よく耳の裏の匂いが気になるという場合があります。

その場合、耳の裏はどのようにして匂いを落とせば良いのでしょうか。

加齢臭の原因は、皮脂の変化したノネナールというものです。

皮脂は、頭からも分泌されるので、頭皮の毛髪の臭いをどうすればよいのかが気になります。

スポンサードリンク

耳の加齢臭について

耳の裏の臭いというのは、普段はあまり気にしないかもしれません。

自分で耳の裏をかぐことはできないし、どのような臭いがするのかということすらわからないかと思います。

 
 
加齢臭に悩まされており、石鹸や様々なものを使って加齢臭を防いでいるという場合があるかと思います。

そのことによって、ある程度は加齢臭は改善されるかもしれません。

 
 
しかし、耳の裏までは手が回っていないという場合が多いのではないでしょうか。

耳の裏ぐらいなら洗わなくて良いだろう、というよりはその存在自体忘れている人も多いかもしれません。

 
 
しかし、加齢臭では耳の裏も臭います。

もしかしたら、ほかの人がその臭いを気にしているという場合があるかもしれません。

知らず知らずのうちに臭っているという場合、どのような対策があるのでしょうか。

 
 
耳の裏を洗う方法としては、耳の裏をシャンプーで洗い流す、お湯で洗い流すといった方法があります。

シャンプーで皮脂を落としすぎるのはよくないともいうので、お湯のみで洗う場合もあるそうです。

 
 
クレンジングオイルで洗うという方法も効果的なのだそうです。

クレンジングオイルを耳に塗ったあと、お湯で洗い流すだけで効果があるというものです。

 
 
加齢臭というのは、体からだけではなく、頭皮や耳の裏にまで及びます。

そのため、石鹸などでの対策だけでは消え切らないということもあるのです。

スポンサードリンク

 
 
頭皮や耳の裏の匂いは、たとえば孫などの指摘によってわかるという場合もあるかもしれません。

孫なら、おじいさん、おばあさんと触れ合う機会も多くあるからです。

 
 
そのことで指摘されて初めて気づく場合もあります。

頭皮の毛髪の加齢臭について

加齢臭で気になるのが、頭皮の臭いです。

加齢臭というのは、体だけではなく頭皮の毛髪にも及ぶのです。

頭皮の毛髪はどのようにして加齢臭を落とせばよいのでしょうか。

 
 
加齢臭の原因というのは、皮脂腺の分泌によるものです。

皮脂腺から分泌された皮脂が、ノネナールという物質に変化します。

その結果加齢臭が引き起こされるのです。

 
 
頭皮の毛髪の加齢臭は、人と密着することが多い場合に困ります。

例えば、通勤の満員電車などで、頭と頭が密着するということがよくあります。

 
 
頭皮の毛髪の臭いは、ロウのような匂いだとか、油っぽい匂いだとか言われています。

しかし実際には個人差があるようです。

いずれにしろ、気づかずほうっておくと周囲が不快になるかと思います。

 
 
毛髪の臭いを消すには、専用のシャンプーを使う方法があります。

加齢臭専用のシャンプーでは、柿渋シャンプーなどがあります。

 
 
柿渋シャンプーの特徴としては、柿タンニンを含んでいることです。

柿タンニンというのは、渋柿に多く含まれるものです。

消臭、除菌の効果があります。

 
 
シャンプーを選ぶ際の注意点としては、柿渋シャンプーを選ぶのも良いですが、なるべく毛髪にとってよいシャンプーを選びたいということはいえます。

 
 
加齢臭が気になるからといって、刺激の強いシャンプーを使うと、頭皮を痛めてしまう原因となってしまいます。

また、皮脂を落としすぎると却ってベタつきがましてしまう原因となります。

 
 
また、洗髪方法も気をつけるべきであるといえます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑