年をとったと感じたのは目の下のしわが原因!エイジングケアを始めるべきでしょうか?

公開日:  最終更新日:2017/06/28

最近自分ってつくづく年をとったんだなってなんとなく感じていたんです。

その原因が目の下に深々とできたしわにあるんだって気がついたんです。

周囲ではもっぱらアンチエイジングとかエイジングケアなんて言葉が流行っているのですが、やっぱり自分もそろそろスキンケアを考えるべきなんでしょうか?

スポンサードリンク

年をとったと感じたのは目の下のしわが原因でした

娘から先日、お母さんも年をとったねって言われたんです。

まだ中学生なんですが、やっぱり子供は正直というか、ちょっと分かってはいましたが改めて言われると少しショックでした。

それはもう40代後半になりますから当然といえばそうなんですけど、なぜ急にそう言われたんだろうと少し不思議に思って、鏡で改めて自分の顔を見てみたんです。

すると目の下のしわが凄く深くなっていて、ああきっとこれが原因かなってすぐに分かりました。

 
 
40代後半って時点でそれなりのおばさんですが、それでも年をとっているって感じる一番の原因はやっぱりしわなんですよね。

しかもしわって目の下に付きやすいですから、こればかりはもうどうしようもないんです。

でもママ友たちを見てみると、みんな私とさほど年齢が違わないのに、肌にハリがあって皆綺麗なんです。

ノーメイクでもあんなに綺麗となると、化粧をしてもきっと素敵なんでしょうね。

 
 
それに比べて私の顔といったら、やっぱり目の下のしわが本当に目立つんです。

これは化粧では隠せないし、なんでこんなになっちゃったんだろうって泣きたくなってしまいました。

きっと娘も学校のお友達の家に遊びに行ったりして、そこの家のお母さんとかと私を比べているんだと思います。

確かに私はこの年齢にしては老けた顔をしているって自覚があるので、まあ今更な話なんですが、でもこれってどうすることもできないんでしょうか?

 
 
ちょっと悩んでしまったので、思い切って仲のいい友人に相談をしてみたんです。

すると日頃のスキンケアはどうしてる?って聞かれたので、化粧水つけて乳液をそのあとで塗って終わりって答えたら、それだけ?って驚かれてしまいました。

スポンサードリンク

どうやら私の日頃のスキンケアが年齢のわりには雑すぎて、それが原因でしわなどといった肌トラブルが早くに出てきてしまっているようなんです。

ということは、今からでもスキンケアを頑張れば、なんとか綺麗な肌を取り戻せるってことでしょうか?

私もエイジングケアをそろそろ始めるべきでしょうか?

最近やけにエイジングケアとかって聞くと、内心どきっときてしまうんですよね。

マンションに住んでいるので同じ敷地内に住むママ友が沢山いるんですが、皆さんしっかりとエイジングケアをしているようなんです。

一緒にお茶とかをすると、やっぱり女性同士ということもあって美容関係の話題も結構頻繁に出るんですが、どこの化粧品を使っているかとかネットで話題のスキンケア商品を取り寄せたなんて言って、かなり情報交換をしているんです。

 
 
私もいちよう話を合わせるといった形で、同意したり自分が聞いたことがある化粧品のブランド名を挙げたりなんかもしますが、とてもじゃないけれど自分が使っている化粧品がなにかってことまでは言う勇気がありません。

なぜなら薬局などで売っている市販の安物を使っているので、とてもじゃないですが皆のように数万円もコスメにお金をかけたりしていないんです。

勿論お金をかければいいってわけじゃないかもしれませんが、でもそういうのってこちらの言い訳に過ぎませんよね。

 
 
やはり安かろう悪かろうなんだと私は思うわけです。

値段じゃないって言っても、じゃあどこでお金分の差をつけるのかって話なわけです。

美容成分がふんだんに使われている化粧品なら、自然と値段も高いに決まっていますし、またその逆も然りです。

エイジングケアをするからには、やはりお金をかけていい化粧品を購入しないと、ケアどころか肌に合わなくて荒れてしまう可能性もあります。

 
 
幸い私は今のところ安い化粧品でも肌荒れなどのトラブルは起きていないんですが、シワやシミなんかも目立つようになってきたので、流石に今のままじゃダメだなって思いはあります。

皆のように急に高価な化粧品を購入して試す勇気はありませんが、ちょっと思い切って今使っている化粧品よりも高いブランドのものに目を向けてみる必要もありそうです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑