おすすめのシンボルツリーは種類が豊富。ヤマボウシは向いているのか?

公開日:  最終更新日:2017/05/09

バルコニーにシンボルツリーを植えたいけれど、どのような種類がいいのか悩む人も多いです。
植物は色々な種類がありますから、適した環境の物を選びましょう。

バルコニーにおすすめのシンボルツリーの種類をご紹介します。

またヤマボウシをシンボルツリーに考えている人は多いです。

ヤマボウシの特徴についてご紹介しますので、シンボルツリーとして適しているか判断してみてください。

スポンサードリンク

おすすめのバルコニーのシンボルツリーは種類が豊富

新築の記念にシンボルツリーを植える人は多いですが、バルコニーにシンボルツリーを植えたい人も多いです。

植物は種類が豊富でシンボルツリーにおすすめなものも数多くあります。

よって、自分の自宅のバルコニーの環境に適したものを選ぶことが最優先となります。

植物も育つ環境によって成長が変わってくるため、まずはどのような環境であるのかを知ることが大切です。

 
 
そこから、バルコニーのシンボルツリーとして色々な種類の中から厳選してみましょう。

また、バルコニーにおすすめのシンボルツリーもありますので、色々な種類をご紹介していきます。

これを参考に自宅のバルコニーのシンボルツリーを決めてみてくださいね。

今回は育てやすい樹木を優先にさせていただきます。

 
 
バルコニーのシンボルツリーとしておすすめなものは、オリーブです。

オリーブの特徴は日当たりが良い場所で霜に弱いことです。

シャープな葉と春先の白い花で人気が高いです。

オリーブの実がなるのは数年かかりますが、すぐ欲しい人の場合、実がついている苗を買うと問題を解決することができます。

他にも、一年中グリーンを楽しむことができるシマトネリコがあります。

日当たりのよい場所から半日陰まで可能で育てやすい樹木です。

 
 
あとは、ヒメシャラというものがあり日当たりがよく西日を避け、風当たりのない場所に向いています。

スポンサードリンク

これは6月から7月に花が咲き、観賞用として楽しむことができます。

葉が美しいものですとグレビレアがあります。

これは霜に注意が必要ですが愛らしいピンクの花が咲くのが特徴です。

このように、バルコニーにおすすめのシンボルツリーは色々な種類がありますので環境と相談して選択してみてください。

ヤマボウシはシンボルツリーに向いているのか?

シンボルツリーに適している樹木はたくさんありますが、ヤマボウシも人気が高いです。

ヤマボウシの特徴としては、初夏に白い花が咲き、新緑や紅葉も楽しむことができるので、四季を感じることができる樹木と言えます。

ヤマボウシは日本自生種で楚々とした魅力があります。

葉っぱは円形で葉脈がよく目立っています。

ヤマボウシは狭いところでも育てやすく、狭い庭でシンボルツリーを探している人におすすめです。

 
 
ヤマボウシは5月から7月に花をつけて、背丈は4m、横幅は3mくらいまで大きくなります。

成長速度は普通で日当たりから半日陰を好む木です。

弱点としては乾燥に弱いので水のやりすぎには注意が必要となります。

耐寒性は関東以南であれば問題なく育てていくことができます。

よって、ヤマボウシが育ちやすい環境であるかきちんと把握しておくことが必要です。

 
 
ヤマボウシは和風や自然風の自宅のシンボルツリーにとても向いています。

クセのない洋風の庭にも合わせることができます。

なので、自宅の雰囲気と環境をよく考えてから洗濯してみてください。

あと、ヤマボウシは枝が横に広がりやすい樹形をしているため栽培感覚には余裕を持たせるようにしましょう。

 
 
このように、ヤマボウシの特徴を把握していれば、自宅のシンボルツリーとして植えることができるのかどうかわかりますよね。

ヤマボウシは落葉樹なので冬でも葉っぱを楽しみたい人は常緑樹を優先に探した方がよいです。

でも、ヤマボウシには常緑ヤマボウシという品種もありますので、色々なものを比較して選んでみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑