家庭の庭木の選び方と庭木の種類でおすすめのものは?

公開日:  最終更新日:2017/06/16

家庭の庭木は多くの種類がありますので、何を植えたらよいのかわからない人も多いです。

特に初心者となると植え方や育て方にも不安があります。

どのようなものがおすすめなのか、庭木の特徴としては何があるのかを把握しておきましょう。

家庭の庭木の選び方と庭木の種類をご紹介します。

スポンサードリンク

家庭の庭木の選び方

家庭の庭木の種類は豊富で色々なものを植えて楽しんでいる人も多いです。

でも、家庭の庭木は選び方を間違うとせっかく植えても上手に成長することができません。

特に初心者であれば、植えたいものだけを選んで植えてもすぐに枯らしてしまうことになります。

そのため、家庭の庭木の種類や庭の環境条件を総合して選ぶことが大切になるのです。

よって、ここからは家庭の庭木の選び方についてポイントをご紹介していきます。

 
 
庭木を植えようと思った時はどのような基準で気を選ぶかが重要となります。

家庭の庭木で花を楽しみたいのか?それとも紅葉を楽しみたいのか?実がなるものがよいのか?基準は様々あると言えます。

ですが、この条件だけでは家庭の庭木を上手に選ぶことができません。

なぜなら、庭の環境に適しているものかどうかを判断する必要があるからです。

 
 
どんな場合でも忘れてはいけないのは植える庭の環境がその植物に適しているかどうかということです。

日当たりが良い場所であるのか、それとも半日陰状態が続いているのか、水はけがよいのか、湿気が多いのか・・・それによって植物で何を植えることができるかが絞られてくるからです。

よって、自分の植えたいものを植えることができるかが見えてきます。

 
 
初心者ですと家庭の庭木の選び方が難しく、庭の環境条件を判断することも難しいですよね。

そこで、専門業者にお願いしたり、お店の人に相談してみるのが一番手っ取り早いです。

そうすることで、失敗なく庭木を植えて育てていくことができます。

おすすめの方法としては家を建てるときに一緒に庭も作ってもらうということです。

スポンサードリンク

そうすると今後、剪定をしてもらいやすくもなりますし、自分で管理ができなくても自宅の庭をきれいに保てます。

家の庭木の種類でおすすめのものは?

家の庭木の種類として色々なものがありますが、まずは常緑樹にするのか落葉樹にするのかでも種類が変わってきます。

家の庭木には常緑樹がよく選ばれており、冬であっても家に緑をもたらしてくれるので人気があります。

また、落葉樹であっても紅葉などを楽しむことができるので、冬に葉がなくても大丈夫であれば選択するのは可能です。

どちらにしてもお好みとなりますので、まずはおすすめと特徴を抑えることが大切です。

 
 
家の庭木の種類がたくさんある中で、人気があるのはシマトネリコです。

ツヤのある葉で癒し系の庭木と言えます。

このシマトネリコは常緑樹でシンボルツリーとしてよく家の庭木に取り入れられています。

シマトネリコはとても育てやすく初めて庭木を植える人にもおすすめの樹木と言えます。

枝が細く、軽いのでそよ風で葉が揺れる姿がとても素晴らしいと言えます。

よって、癒し満点の樹木なのです。

 
 
また、家の庭木の種類がたくさんある中で次に人気が高いのはソヨゴです。

赤い実が可愛らしく成長スピードが遅いです。

そのため、大きくなりにくいため、狭い庭にもぴったりと言えます。

長くのんびりと成長を楽しんでいける樹木で、洋風、和風どちらの家にも似合います。

花が咲いて実がなるので季節を感じられる樹木と言えます。

 
 
そして、最後に家の庭木の種類がたくさんある中でおすすめするのがモミジです。

モミジは日本庭園のイメージが強いかもしれませんが、実は洋風の住宅の庭木としても会うものなのです。

自然な樹形のモミジが出回っておりナチュラルな雰囲気で洋風の住宅にもベストマッチしています。

モミジは紅葉が一番の魅力ですが、虫が付きやすいのが難点です。

絶対に虫がつくわけではありませんが消毒の準備は必要かもしれません。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑