樹木で人気なものは?樹木の種類を把握してガーデニングに取り入れよう

公開日:  最終更新日:2017/07/19

ガーデニングで自宅の雰囲気が変わります。

樹木を植えるときは人気のものがおすすめです。
シンボルツリーやサブツリー、コニファーなど色々なアレンジを加えてガーデニングを楽しみましょう。

ガーデニングで樹木を取り入れるときは色々な種類があるのでそれぞれの樹木の特徴を把握しておくことが大切です。

樹木の種類と豆知識についてご紹介しますので、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

樹木で人気なものは?ガーデニングを始めるに当たって

自宅のガーデニングで樹木を植える人は多いですが、樹木にも色々な種類がありその種類によって自宅の雰囲気を変えたりします。

そのため、どのような樹木を植えるか重要になってきます。

樹木は人気の高いものを植えると、ガーデニングを素敵にまとめることができます。

樹木を植えるときはシンボルツリーやサブツリーとテーマを決めながら行えば樹木が選びやすくなります。

 
 
ガーデニングで、シンボルツリーの人気があるものは、イロハモミジです。

やはり日本と言えばモミジといえますね。

イロハモミジは落葉広葉樹で極端な日陰または著しく悪い環境でない限り育てやすい樹木となります。

花は4月から5月に咲き、10月から12月に黄褐色から紅色に紅葉しますので、季節を通して楽しめる人気の樹木と言えます。

 
 
次にサブツリーとして人気がある樹木はドウダンツツジです。

これは落葉樹で春に白い釣鐘のような花をつけるものです。

新緑や花期、紅葉と季節ごとに楽しむことができる樹木となります。

また、ガーデニングをするときの注意点として落葉樹ばかりを取り入れてしまうと冬のガーデニングが寂しい状態になってしまうため、常緑樹も入れることが大切です。

 
 
そこで、コニファーで常緑樹であるエレガンテシマと取り入れるといいのです。

この樹木も大変人気が高く、耐寒性があって、耐暑性もあります。

スポンサードリンク

そのため、とても育てやすい樹木で、目隠しや生垣として使用することもありますので、これらを上手に組み合わせて自宅のガーデニングをまとめてみましょう。

樹木の種類を把握してガーデニングに取り入れよう

ガーデニングは草花だけではなく樹木も取り入れながら全体のバランスをまとめます。

ガーデニングで樹木を取り入れるときの注意点として落葉樹と常緑樹の配置をバランスよく行う必要があります。

また、樹木には様々な種類があり、それぞれ特徴があります。

よって、どのような種類を選択して特徴を把握しておくかによってガーデニングのこれからの行方を決めるともいえるのです。

 
 
では、ここからはガーデニングで樹木の種類と豆知識についてご紹介していきます。

まず、樹木の種類で落葉樹のエゴノキは株立ちの樹形が大変美しく初夏に白い花がぶら下がってとても素敵です。

ですが、6月から8月にはマダラカミキリが飛来することで樹皮を傷つけてしまうこともあるのです。

モミジは全体的にやわらかな印象を与えてくれ自然風の庭には1本取り入れている人も多いです。

剪定の方法に注意が必要となります。

 
 
また、常緑樹の種類は落葉樹に比べると多いです。

例えばソヨゴは葉が密生していないので爽やかな印象を持つ樹木でヨソヨソと音を発するのでヨソゴと名付けられました。

アラカシは京都の庭園でよく見かける木で庭木として扱うと落ち着いた印象を与えてくれるものです。

シマトネリコは樹形がさらさらとしていて優しい雰囲気を感じさせてくれます。

和風・洋風の建物どちらでも相性がよい樹木と言えます。

 
 
ツバキは和を意識する庭造りで重宝されやすい樹木です。

ただ、チャドクガという害虫が発生するため、対策として年に2回程度の薬剤散布を行わないといけません。

ヒラドツツジはガーデニングで非常によく使われる種類の樹木で萌芽力が強くて刈込みにも耐えます。

このように色々な種類の樹木があるのでどれが自分の庭にふさわしいのかイメージしてみてから育てていきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑