1Rの部屋作りと部屋を広くする方法:一人暮らし編

公開日:  最終更新日:2017/04/04

一人暮らしの部屋は1Rが多いですね。
狭い部屋の部屋作りはとても気を遣うものが多いです。

一人暮らしの部屋は狭いですが、部屋を広くする方法は色々とあります。

始めにレイアウトを考えてから家具などを購入すると快適な部屋を作ることができるのです。

インテリアの基本を抑えることができれば、誰にだっておしゃれで広い部屋にすることができます。

よって、下準備をきちんと行いましょう。

スポンサードリンク

1Rの部屋作り:一人暮らし編

一人暮らしの部屋というのは、決して広いとはいえません。

多くの人が1Rや1Kのところに住んでいる人が多いです。

一人暮らしの部屋作りをするときに、狭い部屋をいかに広くみせることができるかがポイントとなってきます。

初めてのインテリアコーディネートでわからないこともたくさんあるでしょうが、基本的なポイントを抑えることによって、誰にでも一人暮らしの部屋作りを成功させることができるのです。

 
 
では、1Rの一人暮らしの部屋作りはどうしたらうまくいくのでしょうか。

まずは、広い空間を保つことが大切です。

なので、家具などは背の低いものを選び、さらにベッドなどに収納できるタイプのものがおすすめです。

1Rという狭い部屋には収納スペースがあまりありませんので、普段使う家具に収納がついているのがとても便利なのです。

そうすることで、整理整頓を行うことができるので、部屋をきれいに保つことができるのです。

 
 
また、1Rの一人暮らしの部屋というのは、すべて同じスペースなので、区切りをつけることができません。

でも、狭い部屋を区切ってしまえば、もっと狭くなってしまうのではないかと心配する人も多いです。

そこで、一人暮らしの部屋作りでスペースを別に確保したい場合、フットボードでベッドスペースを作るという方法があります。

これなら心地よく眠ることができ、他のスペースを有効活用することができます。

スポンサードリンク

 
 
このように、一人暮らしで1Rの部屋というのは部屋作りを工夫することによって、快適かつオシャレな部屋にすることができます。

部屋が住み心地がよければ、リラックスもすることができますので、とても自分に良いことばかりと言えます。

よって、これから行おうと考えている人はこのポイントを抑えながら部屋作りをしてみましょう。

部屋を広くする方法:一人暮らし編

一人暮らしをするときは、6畳や8畳などの狭い部屋に住むことが多いです。

ここに家具や生活必需品をおいてしまうと部屋が狭く、圧迫感があります。

しかし、狭い部屋であっても部屋を広くする方法は色々とあるのです。

もし、広くする方法を実践したいのであれば、一人暮らしを始める前にきちんとした準備をしておきましょう。

 
 
では、一人暮らしの狭い部屋を広くする方法とはどのようなものなのでしょうか。

それは、家具は壁や床の色に合わせて購入するということです。

部屋の中にたくさんの色があると色々な色が氾濫して視界に入ってきます。

これを落ち着かせるためには、壁と床の色に合わせたインテリアコーディネートをすることが大切なのです。

インテリアコーディネートが初心者の人の場合、白を選ぶと無難と言えます。

 
 
次に、一人暮らしの部屋を広くする方法としては、家具は最低限のものに絞り、あまり置かないことが大切です。

そのため、本当に使うもの以外は購入しないようにしましょう。

部屋の広さに対して、家具が多すぎてしまうとそれだけで窮屈な部屋になってしまいます。

よって、これから一人暮らしでどのような生活を送るのか想定することが大切です。

 
 
また、部屋の中で使うものも色を統一したほうがよいです。

原色のものやキャラクターものなどを置くことによって部屋をごちゃごちゃと見せることになってしまいます。

そのため、広くすることができなくなってしまいますので、シンプルなものでまとめ、色も統一するようにしましょう。

そうすれば、狭い部屋も少しは広くすることができるのです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑