大学生の一人暮らしに予算を立てることは必要。東京はどのくらいかかるのか?

公開日:  最終更新日:2018/01/22

大学生の一人暮らしにかかる予算をきちんと把握していますか。
大学生なら仕送りをもらう人も多いですが、実際仕送りだけでは足りないことが多いです。

そのため、不足分をアルバイトなどで賄っている人が多いです。

東京には多くの大学がありますので、一人暮らしをする大学生は多いです。
その時に、生活費や家賃の予算を立てておかないと毎月大変なことになってしまいます。

東京で暮らすのに必要な予算についてご紹介します。

スポンサードリンク

大学生の一人暮らし:予算を立てることは必要

大学生の一人暮らしは親元を離れて始めて行うものです。

今まで実家で暮らしていた大学生も始めてすべてのことを一人でこなさなければいけなくなってしまいます。

そこで、きちんと一人暮らしにかかる予算を把握しておくことが大切になってきます。

そうしないと毎月どのくらいのお金が必要で、何に支払いをしないといけないかがわかってくるのです。

 
 
大学生の一人暮らしの予算として1ヶ月12万円から13万円かかると言われています。

そのうちの6割程度が仕送りで賄っている大学生が多いです。

よって、親からすると毎月の仕送りだけでもかなりの負担があります。

しかし、いくら仕送りをしているからといっても、その金額だけで1ヶ月を生活することはとても容易ではありません。

そこで、大学生は不足している分を埋めるためにアルバイトなどを始める人が多いのです。

 
 
大学生は奨学金を利用する人も多いですが、仕送りと奨学金を合わせて生活をすることができてもお小遣いを確保することが難しいです。

そのため、アルバイトをして生活で足りないものを埋め、お小遣いを確保するのです。

全国平均を見てみると大学生のアルバイト収入は22,630円となっています。

少ない金額に感じるかもしれませんが、学業とアルバイトを両立しないといけないため、金額が多くなれば学業に支障が出てしまいます。

 
 
よって、毎月の予算はきちんと細かく計画的に立てておくことが大切になってきます。

スポンサードリンク

予算を立てておけばどこまでお金を使ってよいかがわかりますので、安心して生活をすることができます。

あとは、大学生は学業が優先となりますので、そちらに集中するようにしないといけません。

東京の大学生:どのくらい予算がかかるのか?

東京の首都圏には多くの大学が集中しており、自宅外から通学しなければいけない大学生が多いです。

そのため、親元を離れて一人暮らしをすることになりますが、毎月の費用がどのくらいになるのか想像もつきませんよね。

よって、東京で大学生が一人暮らしをするときはきちんと毎月何がどのくらいかかるのか予算を立てることがとても大切です。

それによって、何を節約しどのようにお金を使っていいかが見えてくるのです。

 
 
東京で一人暮らしをしている大学生の家賃の平均は58000円となっています。

そのため、住む部屋は6万円前後の部屋と予算を立てることができます。

この他に敷金や礼金が必要となりますので、21万円ほどの予算が必要となります。

あとは生活用品費の予算が35万円ほど必要です。

このように、東京で大学生が一人暮らしを始めるとなると始めにかかる費用がかなり大きいことがわかります。

 
 
もし、予算的に厳しいという場合は大学の寮に入寮する方法もあります。

そうすると毎月かかる予算は低く、経済的にも何とかやっていくことができるでしょう。

しかし、大学の寮は共同生活となります。

そのため、居室は2人部屋となり、お風呂やトイレも共同で利用することになることが多いです。

よって、自由な生活を送ることはできませんが、予算的に一人暮らしをすることが厳しい場合は入寮する選択があるのです。

 
 
大学の寮は食事つきのものが多く、さらに食費を安く抑えることができます。

そして、家電製品や家具などを準備する必要もなく、身の回りで必要なものだけを揃えるだけで生活を送ることができるのです。

東京の大学生で入寮して生活することは大変魅力に感じることが多いですが、誰でも入れるというわけではありません。

親の経済事情や通学事情によって許可されないと入ることができないのです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑