教育資金のあなたはどんな貯め方?シミュレーションは大切です!

公開日:  最終更新日:2017/08/02

教育資金の貯め方はどのような方法が一番良いのでしょうか。

学資保険や定期預金など方法は様々あります。
無駄遣いをしないでお得に教育資金を溜める方法について考えてみるとよいでしょう。

また子どもの教育資金のシミュレーションはしっかりと行っていますか。

子どもの将来進む道はわかりませんが、子どもが望む勉強をさせてあげたいと親は思うでしょう。
そこで、計画的に教育資金を用意する必要があるのです。

スポンサードリンク

あなたはどんな貯め方?教育資金について

子供の教育資金を貯める親はとても多いと思います。

そこで、教育資金の貯め方はどのような方法が一番良いと言えるのでしょうか。

教育資金の貯め方として、学資保険や定期預金、普通口座など方法は様々あるのです。

家計を圧迫せずに無理なく教育資金を貯めるためには、自分に合った方法を選択する必要が出てきます。

 
 
では、ここからは教育資金の貯め方についてメリットとデメリットについてご紹介しましょう。

まず、学資保険についてですが、これは医療特約などがついて毎月積み立てていくタイプのものです。

確実に教育資金を貯めていくことができ、途中解約をするのが面倒になるため、最後まで積み立てることができる方法です。

しかし、医療特約をつけているため、支払っている額ともらう額には差がでます。

よって、医療特約はデメリットとなるのです。

 
 
次に、定期預金で教育資金の貯め方についてですが、これを行うのであれば子供の名義で口座を作って自動積み立てをすることで確実に教育資金を貯めることができます。

なぜなら、子供が15歳または16歳になると本人確認が必要となりますので規則的にお金を引き出すのが面倒となるからです。

そのため、メリットとしてはお金を崩さずに貯められます。

デメリットとしては、親が管理するので引き落とすことはできないわけではありません。

 
 
このように、教育資金の貯め方にはメリットとデメリットが存在します。

スポンサードリンク

よって、デメリットをカバーすることによって、確実に教育資金を貯めることができるのです。

住宅資金や老後資金であれば何年遅らせても大丈夫ですが、子供の成長は遅らせることができません。

よって、できるだけ確実に教育資金を増やす方法を考えなくてはいけないのです。

シミュレーションは大切:教育資金について

子どもの教育資金のシミュレーションを行うことによって、これからどのくらいお金がかかるか見えてきます。

子どもがどのような学校に進み、将来進む道はどうなるか誰にもわかりませんが、進学するに当たり必ず教育資金が必要となってきます。

一般的な教育資金の額を知っておくことによって計画的に資金を用意することができるでしょう。

 
 
では、大学に進むとなるとどのくらいの教育資金が必要なのでしょうか。

まず国立大学ですが、4年間の場合242.6万円ほどかかると言われています。

これが私立大学の文系になると379.8万円に上がります。

そして、私立大学の理系になると516.4万円になります。

よって、子供を大学に進学させるためにはこのくらいの教育資金を準備する必要があるのです。

これをしっかりとシミュレーションすることができているでしょうか。

 
 
あまりにも高額な数字に対して驚く人もいるでしょう。

また、このようなお金を用意することができるのかと悩んでしまったりもすると思います。

この不景気の中で貯蓄をしていくことも難しいと思います。

よって、このような時は教育ローンを利用して教育資金を準備するとよいのです。

そうすることによって、確実に子どもを大学へ進学させることができるでしょう。

 
 
今回は大学の教育資金のシミュレーションについてご紹介しましたが、今は幼稚園からお受験をする人が増えているため、幼稚園から大学までの教育資金のシミュレーションをしておいた方がよいでしょう。

この他にも、進学させるための塾代などもシミュレーションしておくことが必要です。

そうすることによって、家計の支出を見直すことができ、どのようなところを節約しなくてはならないかがわかるでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑