奨学金とはどんなもの?奨学金を借りるとき家計基準で判断される

公開日:  最終更新日:2018/03/01

奨学金とは、大学や短期大学、その他専門学校などで学ぶ人たちを対象として国が実施している貸与型の奨学金とことをいいます。

学生が自立して学ぶ為に支援するものであり、卒業後に返還するシステムになっています。

奨学金を利用するときは、家計基準があります。
それに該当しないと奨学金を借りることができないというわけなのです。

また、申し込み資格や学力基準などトータルで判断することで借りることができるかがわかるのです。

スポンサードリンク

奨学金とはどんなもの

奨学金とは学生本人が借金をするというものですが、具体的には大学や短期大学、その他専門学校で学ぶ人たちを対象として貸与しているものをいいます。

これは、国が実施しているため、どこよりも条件がよく利用することができるようになっています。

そして、学生本人が借りるものですので、自立して学ぶことを目的としています。

よって、卒業後に返還するシステムになっているのです。

 
 
奨学金を利用し返済したお金というのは、次の世代へとバトンが渡されます。

つまり、奨学金の返済は次世代の奨学金として使用されるというわけなのです。

よって、返済を怠ってしまうと次世代に対して奨学金を貸してあげることができないということになるのです。

よって、奨学金とはリレー返済をしているものであり、かなり重要なものだといえます。

よって、借りる側、返済する側はきちんとその内容を理解しておく必要があるのです。

 
 
奨学金にはどのような種類があるのでしょうか。

それは、無利息の第一種奨学金と利子付の第二種奨学金があります。

そして、入学時の一時金として貸与する入学時特別増額貸与奨学金というものがあります。

この入学時特別増額貸与奨学金は利子有になります。

そして、奨学金はこれだけではありません。

それは、海外留学のための奨学金もあるのです。

 
 
海外留学の奨学金とは、語学留学をしたい人に資金を提供するものであり、留学に対して条件がありますが、教育ローンを借りるよりは条件がよいといえます。

スポンサードリンク

よって、奨学金を検討している人は、どのような奨学金を利用することができるか詳細を確認してみるとよいでしょう。

希望していても希望通りにいかない場合もあります。

よって、条件は必ず確認することが必要です。

奨学金を借りるとき家計基準で判断される

子供が大学に進学をする際に、奨学金を利用する人は大変多いです。

この奨学金を利用するとなると、家計基準や申し込み資格、学力基準などによって借りることができるのか判断されます。

よって、これらに該当しないと借りることができないため、別の方法で教育資金を準備する必要が出てきます。

よって、奨学金を借りるときは必ず条件を事前に確認しておきましょう。

 
 
では、奨学金を借りるに当たっての条件に付いて詳しく解説していきます。

まず、無利息の第一種奨学金について、申し込み資格は大学に進学を希望している人で高校や専修学校を卒業する人、そして、卒業後2年以内に大学などに入学をしたことが無い人となります。

そして、高等学校卒業程度認定試験や大学入学試験検定に合格している人となります。

学力基準は成績の平均値が3.5以上となります。

 
 
家計基準は、家計支持者の年収金額が先行の対象となります。

そして、収入・所得の目安は世帯数が3人の場合、給与所得者が692万円となっています。

これが、4人となると781万円、5人なら896万円となるのです。

よって、家計基準は収入に関する提出書類を提出する必要があります。

それ基づいて借りることができるか判断されるのです。

 
 
第二種奨学金は利息が付いています。

これは、年利3%を条件とするものとされています。

在学中は無利息です。

そして、申し込み資格や学力基準はほとんど第一種と大きな変わりはありません。

そして、家計基準に関しては給与所得がもう少し増えていますので、ホームページなどで確認してみるとよいでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑