元彼と復縁したいなら半年あけて連絡する、でも遠距離恋愛なら冷却期間はいらない

公開日:  最終更新日:2017/08/22

半年の冷却期間を終えると、元彼と自然に復縁できる可能性が高まります。
ちょっとしたきっかけから復縁につながることが多いようです。

復縁したいと思っている人もこのくらいの冷却期間を開けると復縁できる可能性があるかもしれません。

しかし遠距離恋愛をしていた人で復縁したい人は、冷却期間というものが必要ありません。
なぜなら、すぐに会うことができないので、友達関係を継続しておくだけで復縁することができるからなのです。

よって、遠距離で別れた相手でもSNSなどでつながっておきましょう。

スポンサードリンク

元彼と復縁したいときは半年あけて連絡する

半年の冷却期間を終えることで、元彼に急に連絡しても返信が来ることが多いようです。

そこから、自然と復縁に繋がっている人もいます。

このように、ちょっとしたきっかけであったのに、復縁することができたのは、冷却期間の力ではないでしょうか。

よって、これから復縁を望んでいる人であれば、半年ほどの冷却期間を開け、相手のことを意識し過ぎずに毎日の生活を送るとよいかもしれません。

 
 
では、半年の冷却期間がこれほどまでに効果が高いのでしょうか。

それは、お互いの気持ちが落ち着いているということが考えられます。

別れた直後は、とても情緒不安定で、相手に依存しやすいものです。

そして、振った相手は必死に離れよう考えています。

それが、時間と共に収まり、冷静になって相手のことを見ることができるようになるからです。

 
 
そのため、半年たってから別れた元彼にメールしても返信してくれることが多いようです。

メールの内容も、「元気?」とか「教えてほしいことがあって」などの軽い内容を送ることで、相手も警戒することなく、質問に答えてくれるようです。

そこから連絡のやりとりが始まり、二人で会うようになると、復縁に繋がっていくようです。

 
 
別れてから一度会うことによって、相手の良さを再認識することが多いようです。

スポンサードリンク

ですが、再会するときは、短時間で切り上げた方がよいです。

これは、また元彼があなたのことを誘いたくなるようにするためなのです。

このように、元彼と別れてから半年あけて連絡をした方が、復縁を成功できる可能性が高いのです。

遠距離恋愛の復縁には冷却期間はいらない

遠距離恋愛が終わりを迎えたけれど、復縁したい場合には、普通の恋愛と異なり、冷却期間というものがいりません。

これは、相手にすぐ会うことができないためだからなのです。

そのため、別れたとしてもSNSなどで友達関係が繋がっているのであれば、復縁できる可能性があるのです。

しかし、同じ過ちを繰り返さないためにも、復縁するときは別れた原因をきちんと把握し、二度と同じことを繰り返さないようにすることが大切です。

 
 
遠距離恋愛に冷却期間は必要ありませんが、なかなか会うこともできないので、始めに連絡を取るときは、「あなたの住んでいるところに出張があるから、時間があればご飯でもいかない?」から始めるとよいでしょう。

本当に、仕事でなくてもそちらに行く用事を無理やりにでも作ればよいのです。

 
 
そして会えなかったことが原因で別れたのであれば、以前より会える回数を増やす努力をすることが必要となります。

なかなか会うことができない分、会えた時の喜びは大きいものでしょう。

そうすることで、絆がさらに深まっていくに違い有りません。

そのため、別れた原因もきちんと把握し、そこを改善していく努力をしていかないといけません。

 
 
このように、こまめに連絡などをしてコミュニケーションをとっておくことが大切です。

ここで連絡を怠ると以前と同じように、恋愛は成就することができなくなり、さらに自然消滅になってしまうでしょう。

よって、遠距離恋愛は別れた後の冷却期間がない分、まめに相手との繋がっていることがポイントなのです。

また友達関係からやり直すことができれば、遠距離恋愛でも復縁することは可能なのです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑