植木は常緑樹がおすすめ:ベランダガーデニングについて

公開日:  最終更新日:2017/10/26

ベランダに植木や草花を置いてベランダガーデニングを楽しんでみたいと思う人は多いです。

初心者だとわからないこともたくさんありますから、ベランダガーデニングの基礎をご紹介します。

ガーデニングを始めたいけれどおすすめの常緑樹は何かと悩む人が多いです。

せっかくガーデニングを始めるのですから常緑樹の特徴もきちんと知っておくことが大切なので、おすすめの常緑樹をご紹介します。

スポンサードリンク

植木は常緑樹がおすすめ:ベランダガーデニングについて

時間に少しゆとりがあるのであればガーデニングを楽しんでみてはいかがでしょうか?庭がないからガーデニングができないという人もベランダガーデニングも楽しむことができます。

また、初心者だと植木や草花の育て方もよくわからないという人も多いと思うので、基礎をきちんと学べば、ベランダガーデニングを楽しむことができて、心もリセットすることができますよ。

 
 
まず、ベランダガーデニングを始めるときは植えたい草花や植木を探すよりも、自分が住んでいるところのベランダの環境を知ることが大切です。

それによって、育てることができる植物が変わってくるからです。

あとは、耐久性と防水処理の有無を確認します。

それが完了したところで鉢選びをします。

ベランダガーデニングをするときは統一感のでる鉢を選んでください。

 
 
次に土についてですが、基本的には栄養分が多いものを使うと失敗しません。

ベランダガーデニングは基本的に鉢で育てるので栄養をきちんと上げることが必要です。

そして、ベランダガーデニングは肥料も不可欠になります。

花をきれいに咲かせたいのであれば窒素やリン酸、カリが必要となります。

 
 
そして、ベランダガーデニングで植木を育てるときは常緑樹がよいです。

落葉樹だと葉が落ちるのでそれを片付ける手間が出てきます。

スポンサードリンク

これだと近所迷惑にもなりますので注意してください。

常緑樹の植木でおすすめなのは、オリーブやユーカリポリアンセモス、シマトネリコ、ハイノキ、月桂樹など数多くあります。

これらを鉢で育てるとお手入れが楽で大きくなりにくいので育てやすいです。

ガーデニングでおすすめの常緑樹とは

ガーデニングは植木や花によって庭の雰囲気が変わりますよね。

なので、どのようなものを植えたら自分らしい庭にすることができるのか悩む人も多いです。

また、ガーデニングでおすすめの常緑樹は何かわからない人も多いので、常緑樹の特徴、そして自分がどのような庭にしたいのかイメージをしてからおすすめの常緑樹を庭に植えてみましょう。

 
 
シンプルでモダンな庭にしたいと思っている人でおすすめの常緑樹はヒメシャラです。

初夏には可憐な白い花を咲かせてくれます。

この足元にはコケ玉やハラン、ヒューケラなどを一緒に組み合わせると素敵なお庭にすることができます。

これらの植物たちは半日陰のお庭に向いているのでお庭の環境を確認しましょう。

 
 
次に、シンプルでモダンな庭におすすめの常緑樹はソヨゴです。

これに季節ごとに咲く下草類をあしらうことでナチュラルなお庭にまとめることができます。

下草類はアジュガやヒュウガミズキ、ユキノシタ、クリスマスローズなどがおすすめといえます。

これらも半日陰のお庭に向いているので、午後から日陰になるかお庭を確認してみましょう。

 
 
また、ナチュラルでさわやかな庭にしたい人であれば、ニセアカシア・フリーシアがおすすめの常緑樹です。

これで明るいお庭にまとめることができます。

ニセアカシアはとても生育旺盛なのでスペースが広いお庭に向いています。

このように、おすすめの常緑樹の特徴を知っていればガーデニングを上手に楽しむことができます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑