夏植えで花壇を鮮やかに彩ろう。DIYのガーデニングは日よけが必須

公開日:  最終更新日:2017/05/05

暑い夏でも花壇を植えて秋まで夏を楽しみたいですよね。

夏は暑いのでどのような花を植えていいものか悩みやすいです。
花壇に夏植えできる花をご紹介しますので、参考に植えてみてください。

でも、夏になると人間も植物も日よけが必要になります。

ガーデニングの日よけでおすすめなのはシェードカーテンがいいです。
なので、シェードカーテンの良さをご紹介します。

スポンサードリンク

夏植えできるもので花壇を鮮やかに彩ろう

花壇に植物を植えてガーデニングを楽しんでいる人は多いです。

多くの人は春に花が咲くように暖かい気候になると準備を始めます。

ですが、夏までしか楽しめない花もあるので、秋まで花壇に花を咲かせておきたいですよね。

そこで、夏植えをすると秋まで花壇の花を楽しむことができます。

でも、夏は暑いのでどのような花を植えて秋まで楽しめるのかわからない人も多いです。

 
 
そこで、花壇に夏植え出来る花をご紹介していきます。

まずはインパチェンスです。

上付き時期は4月から7月なので夏植えでも大丈夫です。

夏の直射日光の下であっても花をよく咲かせてくれとても強いと言えます。

花色も豊富なので鮮やかな花壇にすることができます。

丸みを帯びていてやわらかい形をしている花なので人気が高いです。

 
 
次にセンニチコウです。

丸みのある花がとても愛らしくて寄せ植えでも人気があります。

暑い夏でも丈夫に育つことができ、秋の下旬まで花を楽しむことができます。

なので、夏飢えをしても大丈夫だと言えます。

植え付け時期は8月までで、開花時期は7月から11月となっています。

 
 
他にも、トレニアという花は暑さに強く、初心者でも育てやすい花と言えます。

そして、ペチュニアも初心者におすすめです。

春から秋まで長く花を咲かせてくれて育てやすいです。

スポンサードリンク

植え付け時期も3月から9月までと長く、開花時期は4月から11月となっています。

夏の日差しと乾燥に強いため、夏植えをしても大丈夫な花と言えます。

このように、様々な種類がありますので、夏でも花壇にたくさんの花を咲かせておくことができます。

DIYのガーデニング:夏は日よけが必須

夏はとにかく暑いので、暑さ対策が必要となります。

また、これは人間にだけいえることではなく、植物も夏は暑いですし、日よけは必要となります。

DIYでガーデニングを楽しんでいるのでしたらきちんと植物のことを考えて日よけの準備をしてあげることが大切です。

ガーデニングにおすすめの日よけはシェードカーテンなので、その特徴についてここから説明していきます。

 
 
DIYのガーデニングにおすすめの日よけ、シェードカーテンの効果というのは、紫外線をカットすることができ、日焼け予防をすることができます。

また、熱気がこもりにくいので自然の風通しをすることができます。

よって、植物たちも直射日光をさけて涼しく風通しを感じることができるのです。

 
 
日よけであるシェードカーテンはホームセンターでも販売してしますし、通販でも購入することができます。

なので、DIYのガーデニングを長く楽しみたいと考えているのであれば、夏はシェードカーテンを購入して設置することをおすすめします。

人間もこれによって涼しい夏を送ることができます。

さらに、室内の家具の偏食なども防ぐことができるのでメリットはとても大きいです。

 
 
人間にも植物にもやさしいエコで快適な空間づくりのためにもぜひシェードカーテンを購入してDIYのガーデニングに取り入れてください。

設置方法もとても簡単ですし、色々なデザインのシェードカーテンがありますので、自分が行っているDIYのガーデニングに似合うものを選択しましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑