こどもの飛び出し防止用の柵はガーデニングの柵は兼用!DIYで扉も

公開日:  最終更新日:2018/03/15

ガーデニングをしている人は柵などを使用している人も多いです。
柵はこどもの飛び出し防止にも大変便利なものです。

まだ柵を検討している人はこどものためにも購入してみましょう。

あるいはオリジナルのガーデニングを楽しんでいるのですから扉や柵もDIYしちゃいましょう。
作り方はそんなに難しくありません。

スポンサードリンク

こどもの飛び出し防止用の柵とガーデニングの柵は兼用

ガーデニングは草木や花を楽しむものですが、周りの雰囲気も大切になってきます。

そこで、ガーデニングをしている人は柵やフェンスなどを使って楽しむ人も多いです。

実は、この柵やフェンスというのはガーデニングの他にも、こどもの飛び出し防止にも活用することができるのです。

よって、まだ柵を取り入れていない人はこどもの飛び出し防止として活用してみるとよいでしょう。

 
 
ガーデニングとこどもの飛び出し防止用の柵は一石二鳥だと言えます。

ホームセンターなどで購入することもできますが、通販でも様々なものが販売していますのでお好みのものを選択して購入してみましょう。

こどもが飛び出し防止用の柵は、150サイズがおすすめです。

150サイズはがっちりと重さがあってこどもも簡単には寄せることができません。

 
 
ガーデニングの雰囲気に合わせてこども飛び出し防止用の柵の色を選択してみると違和感なく全体を上手にまとめることができます。

定番のカラーとしてはブラウンやホワイトがありますが、自分のお気に入りの色をペイントしてもいいです。

オリジナルの柵を完成させるのもまたガーデニングを楽しむことができるといえます。

 
 
このように、ガーデニングに使用する柵はこどもの飛び出し防止用の柵を選ぶことによってどちらにも使うことができるのです。

スポンサードリンク

そして、できれば大きめで重いものがよく、そうすることでこどもが簡単に飛び出しすることを防ぐことができます。

一見邪魔のように感じるかもしれませんが、こどもの安全を守るためなのでまだ購入していない人はガーデニングの雰囲気に合わせて取り入れましょう。

ガーデニングの扉や柵をDIY

ガーデニングを素敵にまとめたいのであれば、扉や柵をDIYする方法があります。

ホームセンターなどですでに既製品が販売されていますが、自分のオリジナルのガーデニングを完成させるためにもDIYをした方がもっと素敵に全体をまとめることができると言えます。

材料もそんなに多く必要ありませんし、2時間くらいで組み立てることができます。

色々なデザインを参考にオリジナルの扉と柵を作ってみましょう。

 
 
ホームセンターに行くとガーング用品がたくさん販売されています。

また、DIYする人向けに材木などもたくさんありますから自分がやっているガーデニングに似合うものを選択しましょう。

材木やクランプ、ヒンジ、塗料、ビス、ロックなど必要なものを集めてみてください。

 
 
扉を作るときは木材をクランプして四角の骨組みを作ります。

そして、ヒンジを使って扉をつけたいところに固定します。

これで開閉することができるようになります。

また、ロックも取り付けておきます。

あとはフェンスバーを骨組みにビスで固定していけば扉を簡単に作ることができます。

すべて固定が終わったら塗料を塗って完成となります。

組立は2時間程度、塗料1時間の合計3時間くらいで簡単に作ることができます。

 
 
扉と同様に同じ方法で柵も作ることができます。

これで、お揃いの扉と柵を簡単にDIYすることができますね。

DIYすると扉や柵がシンプルになりがちですが、金具など色々なものを取り付けて素敵にアレンジしてみてください。

これで、ガーデニングをもっと楽しむことができますね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑