自己破産者の場合いつから住宅ローンを組める?組む方法は?

公開日:  最終更新日:2017/09/16

自己破産をするといつから住宅ローンを組めるのでしょうか。
それは、信用情報機関から情報の登録が抹消されると組めるようになります。

しかし、以前使用した住宅ローンの会社は組むことができませんので、気を付けないといけません。

自己破産してから10年経過していることの前にクレジットカードを作成し、
クレジットヒストリーを作っておくことによって住宅ローンを組みやすくなるでしょう。

スポンサードリンク

いつから住宅ローンを組める?自己破産と信用情報機関

自己破産をするといつから住宅ローンが組めるようになるか知りたいものです。

住宅ローンが組めるようになるためには、信用情報機関から登録された情報が抹消されていないといけません。

ここで情報が抹消されることによって、初めて住宅ローンを組めるようになるのです。

しかし、一度使用していたローン会社はいつまでたっても組むことができませんので、気を付ける必要があります。

 
 
では、信用情報機関はいつから登録された情報が抹消されるのでしょうか。

それは、7年から10年と言われています。

この期間が過ぎれば情報が抹消されていることでしょう。

しかし、この期間経過していないのにも関わらず、ローンや融資をしてくれる会社というのは、闇金業者であるため、絶対に使用してはいけません。

よって、甘い誘いには絶対に載らないようにしてください。

 
 
ここで注意しなければいけないことは、信用情報機関の登録された情報が必ず抹消されたことを確認することが必要です。

そうしないと抹消されてよい期間のはずなのにまだ登録されている可能性があるからです。

そのため、いつまでたっても住宅ローンやマイカーローンなどを組むことが難しくなってしまいます。

よって、自己破産をして7年から10年経過したら一度詳細を見せてもらう手続きを取るべきだと思います。

スポンサードリンク

 
 
このように、自己破産をしていつから住宅ローンが組めるようになるのかという問いに対しては7年から10年経過すると組めるようになるそうです。

これは、人によって期間が異なるため、一度信用情報機関に問い合わせをして詳細を見せてもらうとよいのです。

そして、登録が抹消されているのを確認できたら住宅ローンを組むことが確実となります。

 
 

住宅ローンを組む方法は?自己破産者の場合

自己破産者が住宅ローンを組む方法はあるのでしょうか。

自己破産をしてしまうとローンを組むことができなくなります。

しかし、一生組むことができないわけではなく、10年経過すれば、住宅ローンを組むことができるようになります。

よって、自己破産してからどのくらいの期間が過ぎているかが重要となるわけです。

 
 
しかし、住宅ローンを組む方法として10年経過したからすぐに組む方法よりも、その前にクレジットカードを作成しておき、クレジットカードヒストリーを作っておくことが大切です。

これは、信用情報や返済実績を残すことによって、住宅ローンを組みやすくすることができるのです。

 
 
また、自己破産者が住宅ローンを組む方法としてはノンバンク系の住宅ローンを利用することがポイントとなります。

これは、銀行の住宅ローンになると審査が厳しいため、メリットは多くても審査を通過することは難しいと言えるでしょう。

また、一度使用している住宅ローンの会社に再度申し込むことはやめましょう。

これは、会社個人でブラックリストを作成している可能性があるからなのです。

 
 
このように、自己破産者が住宅ローンを組む方法としては、先にクレジットカードを作成しクレジットカードヒストリーを作って信用や実績を高めておくことが大切です。

それからノンバンク系の住宅ローンを選択して申し込みをすることで、スムーズに住宅ローンを組むことができると思います。

つまり、住宅ローンを組みたければ、自己破産後の年数と信頼と実績が大きく関係しているといえます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑