奨学金制度の基礎知識と予約給付型奨学金とは

公開日:  最終更新日:2017/09/23

教育ローンの基礎知識をお持ちですか?

奨学金制度などを利用することができない場合、教育ローンを利用する方法があります。
それによって資金不足を解消することができますが、教育ローンにはタイプがありますので、きちんと確認しておきましょう。

予約給付型奨学金というのは、大学に申請しておくことによって、合格すると同時に奨学金が採用になるというものです。
そのため、入学してから申請するよりも安心して利用することができるのです。

スポンサードリンク

奨学金制度と教育ローンの基礎知識は必要

教育ローンの基礎知識を持っていることによって、教育費の資金不足を補えることができます。

教育ローンは奨学金制度を利用することができない人が利用することが多いですが、教育ローンには様々なタイプのものがありますので、きちんと教育ローンの基礎知識を押さえておきましょう。

 
 
教育ローンには公的金融機関、民間金融機関、大学が金融機関と提携しているものなどがあります。

公的金融機関で取り扱っているのは国の教育ローンといって、比較的低金利であり年収制限はあっても、教育一般貸し付けで350万円まで借りることができるようになっています。

次に民間金融機関は銀行や信金、労金などが多く取扱いしています。

春になるとキャンペーンなどを行っているためお得に教育ローンを利用することができます。

 
 
ここで、教育ローンを利用する前に、奨学金を利用することができるか優先的に考える必要があります。

奨学金制度は子供自身が借入をすることになりますので、自分で返済する義務があります。

そのため、進学をするに当たりどのくらいお金がかかるか子供も自覚することでしょう。

教育ローンは親が借りることになるので、返済義務は親にあります。

よって、老後資金に影響が出ないようにするためにも少額におさえることが大切になってきます。

 
 
このように教育ローンの基礎知識を持っていることによって、どのような教育ローンを選択すればよいかが見えてくるでしょう。

スポンサードリンク

できるだけお得に資金を調達できる方法を考えるために、始めは奨学金制度を申し込むところから始めるとよいかもしれません。

予約給付型奨学金とは

予約給付型奨学金というものをご存知ですか。

これは、あらかじめ大学に申請する奨学金のことです。

この予約給付型奨学金を申請しておけば、合格と同時に採用することができるのです。

また、予約をしておくことで入学してから申請するよりも確実に奨学金を利用することができるのです。

そのため、安心度は大変高いといえます。

しかし、大学に合格しなかった場合、奨学金を受けることができなくなりますので、注意が必要です。

 
 
例えば、予約給付型奨学金としてお茶の水女子大では、みがかずば奨学金というものを行っています。

これは、経済的に困難度が高い学生が対象となっており、優先的に採用する奨学金なのです。

1・2年次では30万円を給付することになっており、対象者数は最大で25人とされています。

そして、申込時期は9月となっているのです。

 
 
次に、新潟大学では、輝け未来!!新潟大学入学応援奨学金を行っています。

この特徴として、入学時に必要な学資の一部を奨学金で給付する制度となっているのです。

また、返済は不要となりますので、とても便利なものだと言えます。

そして、一時金で40万円の給付をしてくれ、対象者は50人以内とされています。

 
 
他にも、早稲田大学ではめざせ!都の西北奨学金というものを行っています。

特徴として、首都圏以外の高校出身者が対象となります。

そして、親の年収が800万円未満であり、事業所得者は350万円未満が対象です。

そして、評定平均が3.5以上ないといけない条件となっています。

年に40万円を4年間給付してくれる制度で、1200人程度が利用することができるのです。

このように、予約給付額奨学金を利用して教育資金にあてられるのです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑