他社比較をして教育ローンを決める。低金利の教育ローンはどこか?

公開日:  最終更新日:2017/10/18

教育ローンを利用するとき、他社比較をすることが大切です。

これを行うことによって、金利が異なっていたり、借りられる金額が異なったりします。そして、申込条件なども異なるので、自分が借りやすく条件の良いところを探しましょう。

教育ローンを借りるとき、できるだけ低金利のところを探すのは利息を少しでも減らすことができるからです。

そのため、教育ローンを借りるときは必ず会社比較をして、どこが低金利で条件がよいかを調べておきましょう。

スポンサードリンク

他社比較をして教育ローンを決める

教育ローンを利用するときは、他社比較が大切です。

なぜなら、他社比較を行うことによって、金利の違いが分かるからです。

また、借りられる金額も異なってきます。

そして、申込条件なども多少異なりますので、教育ローンを条件良く借りられるところを探すことが大切です。

 
 
子供の進学にあたって、学費などの費用が必要となってきます。

一番は貯蓄などで賄うことができればよいのですが、学資保険や奨学金を利用しても不足したりするものです。

そこで、教育ローンを借りて融資してもらうことで、その不足分を補うことができるのです。

ここで、教育ローンを扱っている会社は多くあり、どこがよいのか悩んでしまう人も多いはずです。

 
 
そこで、始めに金利比較をすることが大切でしょう。

公的機関やJAなどは銀行よりも比較的に金利を低く設定しているため、利用しやすいようになっています。

また、返済に関しても無理なく行うことができるようになっており、良心的と言えるでしょう。

しかし、教育ローンというのは、必ず審査があります。

この審査を通過することができないと融資してもらうことができません。

 
 
よって、審査内容を比較して確認しておくことも大切となります。

スポンサードリンク

このように、教育ローンを利用する前に、他社比較を行いいま述べたポイントを確認しておくことによって、スムーズに教育ローンを利用することができるでしょう。

そのため、子供の進学が迫ってきている中で、計画的に情報収集を行い、他社比較をすることが大切になってくるのです。

低金利の教育ローンはどこか

教育ローンを借りるときは、低金利であるかを確認することが大切です。

それによって、少しでも教育費の負担を減らすことができます。

よって、教育ローンを検討するときはまず会社比較をすることが大切であり、どこの会社が条件がよく低金利で借りることができるか調べましょう。

 
 
もっとも教育ローンが低金利といえるのは、日本政策金融公庫の国の教育ローンでしょう。

そのため、金利や返済の面でとてもメリットが多いと思います。

金利は固定金利で年2.25%となっています。

これが低金利なのか疑問に思う人も多いと思いますが、大手銀行などを比較してみると全然違うことがわかるでしょう。

 
 
大手銀行の教育ローンをご紹介します。

まずみずほ銀行教育ローンについてですが、最長10年で300万円まで借りることができます。

そして、変動金利は3.475%、固定金利は4.950%となっています。

次にりそな銀行教育ローンは、最長10年で500万円まで、変動金利は4.975%となっており、キャンペーン金利などを実施しています。

 
 
最後に三井住友銀行教育ローンですが、最長10年で300万円、変動金利3.475%は無担保型で、担保ありの場合は変動金利で2.975%となっているのです。

このように金利だけ比べると一目瞭然だと思います。

また、銀行によってはサービスの内容が異なってくるので、国の教育ローンを借りない場合は、サービス内容もきちんと確認をした方がよいでしょう。

そうすることで、毎月の普段を少しでも減らしていくことができるのです。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑