入学金や授業料は教育ローンで困る前に準備しましょう

公開日:  最終更新日:2017/11/29

学校の入学金や授業料など学費が必要となった時、教育ローンを利用すると便利です。

入学金の支払いは待ってはくれませんが、教育ローンはすぐに借りることができます。

また、JAバンクでは教育ローンを取り扱っており、インターネットで仮申し込みをしておくことができます。

よって、早めに申し込みをしておいて、前もって計画的に融資してもらう方法を考えておくべきです。

スポンサードリンク

入学金に困ったら教育ローン

入学金に困ることは多いと思います。

なぜなら、金額があまりにも高いからです。

よって、子供の進学の合格は嬉しいですが、その反面貯蓄などで賄いきれないものも多いでしょう。

そこで、教育ローンで融資してもらうことによって、その問題を解決することができます。

入学金の支払いは待ってはくれません。

そのため、早めに教育ローンなどを申し込んでおくとよいのです。

計画的に融資してもらう方法を考えておきましょう。

 
 
子どもの学校入学に向けてどのような教育ローンを利用するか比較検討することが大切です。

教育ローンにも様々あり、公的教育ローンや民間教育ローンなどがあります。

公的教育ローンというのは、日本政策金融公庫の国の教育ローンです。

これは無担保でかりることができ、さらに金利が低いのが特徴です。

 
 
次に民間教育ローンというのは、公的教育ローンや奨学金制度を利用できない人、または不十分という人が利用するところです。

民間教育ローンには、労働金庫や銀鉱などがあり、無担保または有担保、固定金利または変動金利などでサービスを取り扱っています。

会社によっては親子リレー返済というものを行っているところもあります。

 
 
民間教育ローンの特徴としては、公的教育ローンよりは金利が高めなのですが、その時に応じた金利優遇があったりキャンペーンがあったりします。

スポンサードリンク

そのため、必ずしもデメリットだけではないといえるでしょう。

このように、子供の入学金を準備するに当たり、どのような教育ローンを利用するかはあなた次第です。

よって、きちんと調べて返済を無理なくできそうなところを選んで利用しましょう。

入学金や授業料は教育ローンで

学校の入学金や授業料など学費が高くて、すぐに用意することが困難な場合、教育ローンを利用してお金を借りると便利です。

特に、JAバンクは全国にあり、教育ローンを取り扱っているのです。

JAバンクの教育ローンは24時間365日インターネットで仮申し込みをすることができます。

そのため、子供の入学金や授業料が必要になる前に、早めに申し込みをしておくとよいのです。

 
 
また、JAバンクは入学金や授業料など入学に必要なもの以外に、在学中の授業料などにも利用することができます。

そして、子供の一人暮らしの費用としても利用することができるのです。

ここで借りたお金というのは子供が卒業してから返済が可能となっています。

そのため、無理なく計画的に返済することができるのです。

 
 
ここで、お金を借りると金利が気になると思いますが、これは各JAによって金利が異なるため、インターネットでサイトを確認してもわかりません。

よって、近くにあるJAに問い合わせて確認することが必要です。

そのため、金利を確認してから他のところとどちらが、金利が低いかを比較してみるとよいでしょう。

 
 
JAバンクで教育ローンを利用できる人というのは、20歳以上71歳未満の人で年収が200万円以上となっています。

そして、勤続年数が1年以上であり、融資してもらえる金額は10万円から500万円以内となっています。

このように、子供の進学に必要な入学金や授業料の支払いは上手に教育ローンを利用するとよいのです。

よって、これから借りる予定がある人は計画的に申込をするようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑