日本政策金融公庫の教育ローンとは?奨学金を併用は可能?

公開日:  最終更新日:2018/03/29

日本政策金融公庫の教育ローンはどのような内容なのでしょうか。

それは、子ども一人につき350万円まで借りることができます。

また、国の教育ローンですので、どこよりも金利が低いことが特徴で大手銀行などに比べるとメリットが多いのです。

日本政策金融公庫の教育ローンは、固定金利となっており、一番安心して利用することができるでしょう。

また、奨学金を併用して借りることも可能ですので、不足分を明確にして借りてみてください。

スポンサードリンク

日本政策金融公庫の教育ローンとは

日本政策金融公庫をご存知ですか。

あまり聞いたことがない名前かもしれませんが、一般の金融機関が行っている金融を補完するものです。

そして、国民の生活向上に寄与することを目的として業務を行っています。

ここでは、教育ローンも取り扱っており、子ども一人につき350万円まで借りることができるようになっています。

国の教育ローンは大手銀行に比べると金利も低く、借りる人にはメリットが様々あると言えるのです。

 
 
この日本政策金融公庫の教育ローンは1年中いつでも受付をしています。

入学資金のみに限ると入学する月の翌日末までに融資をすることができるそうです。

もし、在学中に資金が必要になった場合、できるだけ早めに申し込んだ方がよいでしょう。

これは、必要となる時期の2ヶ月から3ヶ月前に申し込みをすることがよいとされています。

 
 
日本政策金融公庫の審査の基準としては、借りる人の勤務状況や収入、住宅ローンや公共料金の支払い状況によって総合的に判断をしています。

そのため、年収などによっては審査を通過することができない場合もあり、借りることができないこともあるのです。

この審査は申し込みが完了してから結果が出るまで最短5営業日とされています。

よって、1週間ほどで結果をしることができるでしょう。

 
 
入学シーズンになると申し込みをする人が増え、時間がかかる場合があります。

スポンサードリンク

日本政策金融公庫では、いつでもキャンセルをすることができるため、早めに申し込んでおいたほうがよいでしょう。

そして、インターネットから24時間365日申し込みをすることができるので、一度確認してみるとよいかもしれません。

日本政策金融公庫の教育ローンについて

日本政策金融公庫の教育ローンは、公的金融機関が取り扱っているため、どこよりも低金利で利用することができます。

そして、借入可能額は最高で350万円となっています。

そして、固定金利は2.25%となっており、固定金利のため金利に左右されることなく返済を行うことができます。

そして、奨学金と併用することもできるため、奨学金で足りなかった分を補うことができるのです。

 
 
この日本政策金融公庫の教育ローンは、入学金や授業料に利用するほかにも、海外留学、資格取得のために利用することができます。

また、受検にかかった費用にも利用することができるのです。

つまり、受験料や交通費、宿泊費も利用範囲に含まれているというわけなのです。

そして、学校で使う教科書代やパソコン購入費、学生の国民年金保険料にもあてることができます。

 
 
日本政策金融公庫の教育ローンを利用することができるのは、子供の人数に応じた世帯収入の上限額、融資対象の学校の条件にあてはまると利用することができます。

世帯収入の上限額は、子供一人の場合、790万円となり、子供が二人になると890万円となっています。

特定の要件を満たすことができると990万円まで緩和されることになっています。

 
 
この特定要件は10項目あり、例えば、勤続年数が3年未満、居住年数が1年未満ということがあります。

そして、自宅外通学となり、借入申込人や配偶者が単身赴任をしている場合となります。

また、融資が海外留学資金であることなどがあげられます。

よって、詳しくはホームページなどを確認してみるとよいでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑