教育資金の目安ってどのくらい?積立方法は?

公開日:  最終更新日:2018/03/08

教育資金の目安はどのくらいなのでしょう。

子供が高校3年までに300万円を目指した方がよいと言われています。
よって、確実に教育資金をできるだけ多く貯めていくことが必要となるわけです。

教育資金を積み立てる4つの方法をご存知ですか。
この4つの方法で教育資金を準備することができますが、それぞれメリットとデメリットが存在します。

よって、自分に合った積立方法を選択するとよいでしょう。

スポンサードリンク

目安ってどのくらい?教育資金について

教育資金の目安はどのくらいなのか疑問に思う人も多いでしょう。

子供1人に対して教育費は1000万円、2000万円とも言われています。

これは、子供がどのような学校に進むかによって金額が異なってくるのです。

そのため、教育資金は多ければ多いほどよいというわけです。

しかし、教育資金を貯めるにはある程度目安を知っておかないといけません。

そこで、子供が高校3年までに300万円を目指した方がよいといわれているのです。

 
 
子供が小学生の場合、公立ですと年間20万円から30万円程度かかると言われています。

学齢が上がると、金額もどんどん上がり、大学の国公立で100万円近くにまで達します。

これが、私立となると金額はもっとかかるようになります。

よって、100万円以上はざらといえるでしょう。

この他にも、受験のための塾代や通学用品費もかかります。

そのため、計画よりも教育資金が必要になる場合が多いのです。

 
 
そのため、教育資金の目安はある程度立てておくことが必要です。

そうすることで、家計の負担を少なくすることができるのです。

また、教育資金で不足する分も想定しておく必要があります。

この時に、虚位クローンを借りるのか奨学金を借りるのかという選択が出てくるはずです。

これらも借りる際に、どのくらいの額が必要であるか目安を立てておいた方がよいでしょう。

 
 
このように、教育資金に必要となる目安を想定しておくことで、様々な場面に出くわしても補っていくことができます。

スポンサードリンク

必ず計画通りには進まないことを覚悟しておいた方がよいでしょう。

子供には好きな道を進ませてあげたいという親の気持ちがあるのであれば、早いうちから教育資金を準備しておくことが必要となります。

積立方法は?教育資金

子供のために教育資金を積立てていますか?教育資金を積立てる方法は4つほどあります。

よって、この積立方法を実践すると教育資金を子供のために準備することができるのです。

しかし、積立方法にはそれぞれメリットとデメリットがあるのです。

そのため、メリットとデメリットをきちんと理解してこれから自分に合った積立方法を選択していくことが大切となります。

 
 
まず始めに教育資金の積立方法としては、積立預金と定期預金があります。

メリットとしては、資金の流用が可能であり、元金が保障されているということです。

デメリットとしては、ほとんど利子がつきませんので、元金とさほど変わらないと言えます。

次に、教育資金の積立方法は、投資信託です。

このメリットは、資金の流用が可能であり、投資成果によっては返ってくるものが大きいですが、デメリットは元金が毀損する可能性があります。

 
 
そして、教育資金積立方法の3つ目は、学資保険です。

メリットとしては、保険なので事故やけがなどを保証してくれ、確実に積立をすることができます。

しかし、デメリットは、途中解約は不利だということです。

最後に、低解約返戻金型定期保険のメリットは、利回りが高く期待することができます。

しかし、デメリットは、低解約返戻期間中の解約はとてもリスクが高いということです。

 
 
このように、教育資金の積立方法は色々な種類があり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

確実に教育資金を準備したいという人であれば、リスクが大きいものは避けることがよいでしょう。

そうすることによって、安全で安心の教育資金を積立てていくことができます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑