インフルエンザで微熱だけ?下がらないときは?風邪との違いは何?

公開日:  最終更新日:2015/11/20

インフルエンザにかかったけど微熱だけ。

微熱だけのインフルエンザってあるの?
インフルエンザで微熱が下がらないけれど大丈夫?
インフルエンザと風邪の違いって何?

そこで、微熱だけのインフルエンザについてまとめました。

スポンサードリンク

インフルエンザで微熱だけでも外出は避けるべき!

冬から春まではインフルエンザが大流行しますよね。
学校や会社でもかかっている人は毎年います。
この流行に乗らないためにも予防接種を受ける人も多いです。

インフルエンザのイメージは高熱に苦しめられると
思う人が多いですが実は微熱だけのインフルエンザもあります。

症状が軽いけれど検査をしたらインフルエンザだった!
と驚く人も少なくはありません。
予防接種をしたおかげで軽く済んでいる場合もあります。

インフルエンザで高熱が出なく微熱だけの場合
微熱が長引くのが特徴です。
主にインフルエンザB型に感染していることが多いのです。

また、インフルエンザの症状が微熱だけという場合
外出は控えた方がいいのかな?と悩む人も多いですが
いくら症状が微熱だけであっても外出は避けましょう。

インフルエンザの潜伏期間は1日から2日あり
発熱期間は1日から3日ほどありますので
最低5日間は外出を避けるべきです。

このように、微熱だけでもインフルエンザにかかることは
ありますのできちんと検査をして調べてくださいね。

インフルエンザに感染して微熱がどうしても下がらない!

インフルエンザに感染して高熱が出なく
微熱だった人はなかなか下がらないと悩む人が多いです。

微熱が下がらない理由としては
インフルエンザによって免疫力が低下していることが
考えられるのです。

そのため、他のウイルスに感染している可能性もあります。
他のウイルスに感染することで合併症を引き起こす可能性があります。

スポンサードリンク

あまりにも微熱が続き下がらない場合は大きな病院で
精密検査をしてもらうとよいでしょう。
肝臓などどこか別の臓器で炎症を起こしている
微熱が下がらない状態で長引くことがあるのです。

ですが、その前に血液検査でも調べることができますので
不安な人は一度調べてみることをおすすめします。

インフルエンザは乳幼児、妊婦、高齢者が
重症化しやすいという報告がされています。
よって、少しでも不安なことは病院に行き
診察を受けてくださいね。

インフルエンザと風邪の違いは何?

インフルエンザが微熱だけだと風邪の症状と似ているので
違いがよくわからないという人は多いです。

インフルエンザと風邪の違いのためにも
インフルエンザの主な症状を知っておきましょう。

・高熱がある
・関節痛や筋肉痛がある
・寒気や震えがある
・食欲不振だ

・くしゃみや鼻水が出る
・倦怠感や疲労感がある
・頭痛がある
・咳が出る

インフルエンザと風邪の違いは
インフルエンザの方が症状は重いです。

また、インフルエンザと風邪の違いについては
インフルエンザの症状は一気に全身に症状が出ます
風邪の発病はタイミングがゆっくりです。

いつもの風邪の症状より重いと感じたらすぐに病院に行き
検査をしてもらってください。

いくら微熱だけでも感染力がありますので
他の人の迷惑を考えて病院を受診しましょう。

まとめ

微熱だけのインフルエンザはあり感染力もあります。
よって、いくら微熱だけだからといって外出はやめましょう。

インフルエンザで高熱ではなく微熱の場合
なかなか下がらなく長引くことが多いです。
免疫力が低下しているので体調管理に気をつけましょう。

インフルエンザと風邪の違いは個人で特定することは
難しいため少しでも異変があるなら病院を受診して
検査をしてもらうようにしてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑