キャッシングの手続きをするときは必要書類は?

公開日:  最終更新日:2018/03/21

キャッシングを利用するに当たっての手続きは、ほとんど一緒です。

申し込みを行い、審査を経て、返済能力があると判断されれば、融資してもらうことができるのです。

キャッシングの申込をするときの必要書類は何があるのでしょうか。

それは、本人確認書類となります。
よって、運転免許証または健康保険証、パスポートなどを持っていることで、申込をすることができ、審査が通れば契約をすることができるのです。

スポンサードリンク

キャッシングの手続きについて

キャッシングを利用するときは、金融会社と手続きをすることが必要となります。

この手続きは、ほとんどの会社で同じことをします。

手続きの内容としては、金融会社に申し込みをして、審査を行います。

そして、審査が通ると融資してもらうことができるのです。

あとは、どのような方法で申し込むかを決めて、手続きを踏めばキャッシングを利用することができるのです。

 
 
最近では、インターネットで手続きを行うことで即日に振り込みをしてもらうことができます。

そのため、金融会社まで足を運ばなくてもキャッシングをすることができるのです。

この他にも、窓口、電話、FAXでも手続きをすることができるようになっています。

そのため、自分が一番利用しやすいものを選択するとよいでしょう。

 
 
ですが、キャッシングは審査が通らないと融資してもらうことができません。

逆に審査が簡単すぎて、通りやすいということは、違法な貸付業者の可能性があります。

よって、簡単にお金が借りられるからと言って、違法な貸付業者を利用することはやめましょう。

これを利用すると高金利で多くの利息を支払わないといけなくなってしまいます。

 
 
このように、キャッシングを利用するにあたり、手続きをしますが、きちんと審査が通らないと融資してもらうことができません。

スポンサードリンク

また、安心してお金を借りることができる会社を選択する必要があります。

あとは、手続きしやすい方法で、申し込むことで、キャッシングを安心して利用することができるでしょう。

キャッシングの申込をするときは必要書類を提出

キャッシングを利用するときに、申込をすると思いますが、そのときに必要書類は何を準備すればよいのでしょうか。

必要書類の内容としては、本人確認書類となります。

つまり、運転免許証または健康保険証、パスポートを用意することによって、キャッシングの申込をすることができるのです。

そして、申込が完了すると審査を行い、審査を通過したら契約をすることになるのです。

 
 
この必要書類については、どこの貸金業者を利用してもだいたい必要書類の内容は同じだと思います。

よって、これらを準備しておくことでキャッシングの申込をスムーズに行うことができるのです。

ですが、借りる金額によっては、収入証明書の提出をしないといけない場合があります。

 
 
収入証明書類を提出しなければいけない金額としては会社によって異なりますが、だいたいが50万円以上借り入れる場合、もしくは他社借入によって借入金額の合計が100万円を超えている場合となります。

この必要書類の収入証明書というのは、源泉徴収票、確定申告書、給与明細書のいずれか1つを提出することになります。

どれも最新のもので、特に給与明細書は直近2ヶ月と賞与明細書となるでしょう。

 
 
また、申込の際に必要書類の本人確認書類についてですが、有効期限が記載されていますので、きちんと有効期限内の物を準備する必要があります。

よって、古いものを使用してしまうとキャッシングの申込をすることができなくなりますので、気をつけてください。

このように、キャッシングの申込をスムーズに行うためには、これらの書類を準備する必要があるのです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑