キャッシングを利用する前に、借入のルールと金利をきちんと確認する

公開日:  最終更新日:2018/04/24

キャッシングを初めて利用するという人は、借入のルールについて学んでおくことが大切です。

これは、借入総額は年収の3分の1に制限されているのです。
そして、違法な金融業者の被害にあわないためにも、登録貸金業者情報検索で確認するべきです。

キャッシングの金利をちゃんと確認していますか?

会社によって多少金利が異なります。
よって、少しでも利息を少なくするためにも、キャッシングを利用する会社を比較検討することが大切なのです。
これで、利息で損しなくても済むのです。

スポンサードリンク

キャッシングを利用する前に、借入のルールを知る

キャッシングを初めて利用するときは、様々な不安があると思います。

そこで、キャッシングを利用する前に、借入のルールについて学んでおいた方がよいのです。

まずは、借入総額は年収の3分の1となっています。

そして、銀行などの貸し付けに比べると、貸金業者というのは高金利であるのが特徴です。

また、違法な金融業者の被害にあわないためには、登録貸金業者情報検索で確認することが大切です。

 
 
ここで、借入金額の具体例をご紹介しましょう。

例えば、年収が300万円の人の場合ですと、貸金業者からは借り入れの上限金額は100万円と設定されます。

これ以上を超えると返済することが困難となるおそれがあると判断されるのです。

返済することができなくなると、借金で悩み、夜逃げや自殺に追い込まれたりする人も中にはいるのです。

よって、このような借金や多重債務の問題を防ぐためにも借入のルールを知ることが大切なのです。

 
 
また、違法は金融業者ほど借入を行いやすいようになっています。

これは、電話やチラシなどで勧誘してきます。

そして、他のお店で断られても大丈夫などと甘い言葉をかけてきたりします。

これは、違法な金利で貸し付けを行っているので、絶対に信用してはいけません。

よって、お金を簡単に借りることができるのはとても怪しい会社なのです。

スポンサードリンク

 
 
このように、キャッシングを利用する前に、きちんと借入のことについて学んでおくと安心してお金を借りることができます。

できれば、キャッシングを利用しないでやりくりしてほしいところです。

よって、お金の付き合い方をきちんと見直し、キャッシングを利用しなくてもよい環境を整えていくことが大切です。

キャッシングの金利をきちんと確認する

キャッシングでお金を借りたりすることがあると思いますが、キャッシングの金利というのはとても高いです。

また、会社によっても多少金利が異なるので、きちんと比較してどこの金利が安いかを調べてから利用することをおすすめします。

そうすれば、返済の際に利息で損をしなくてもよくなるのです。

 
 
ここで、消費者金融の金利について確認してみましょう。

まず、CMでおなじみのプロミスは、4.5%から17.8%となっています。

そして、アイフルは4.5%から18.0%です。

また、楽天銀行カードローンは、4.9%から14.5%となっています。

このように、会社を比較することで、どこの金利が安いのかを確認することができるのです。

また、期間限定ですが無利息で借り入れをすることができるところもあるのです。

 
 
では、キャッシングで金利が低いとどのくらいの差が出てくるか確認してみましょう。

例えば、20万借りたとして金利が18%、毎月1万円ずつ返済すると総額で23万円を払うことになり、3万円も手数料を払っていることになるのです。

これが、10%ですと、総額21万7千円となり、1万3千円も違うのです。

また、5%だったとすると総額20万8千円となり、手数料は8千円でよくなるのです。

 
 
このように、金利が低ければ低いほど、手数料を支払う額が減るのです。

よって、できるだけ自分が損をしないように、キャッシングを利用する会社を選択した方がよいのです。

金利は4.5%から18%というように幅があり、これは借りる額によって金利が異なりますので、必ずしも希望の金利になるとは限りませんので注意してください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑