収納スペースを工夫すれば確保、一人暮らしの6畳部屋の広さをカバーできる

公開日:  最終更新日:2018/01/15

6畳の部屋で一人暮らしをする場合、収納スペースが少ないことが多いです。
そのため、収納スペースを確保することができれば、部屋をすっきりと見せることができます。

一人暮らしは収納スペースを工夫すれば、部屋の広さをカバーすることができるのです。

そのため、まだ収納スペースを工夫して使っていない人はぜひ実践してみるとよいでしょう。きっと快適な部屋になるはずです。

スポンサードリンク

収納スペースを確保:6畳一人暮らし

6畳の部屋で一人暮らしをするとなると収納スペースが小さいことが多いです。

一人暮らしだからそんなに物はないと思っていても、洋服や趣味の物だけで収納スペースが足りない場合があります。

そのため、狭い部屋がもっと狭く感じることが多いです。

よって、6畳の部屋を広く使いたいのであれば、収納スペースを確保することが大切です。

そのため、収納スペースの工夫の仕方についてご紹介していきます。

 
 
始めに、一人暮らしで6畳の部屋に住んでいる人で収納スペースの確保の仕方は、トイレや部屋の一部に突っ張り棒を使って、棚を作るということです。

そうすることによって、収納スペースが増えるので、部屋に物を置いておかなくてもきれいに片づけることができるのです。

よって、地面に置くものが減るので狭い6畳の部屋を広く見せることができるというわけです。

 
 
また、収納スペースが少ない場合は、棚を購入することが多いですが、この棚を仕切り代わりに使用することで、狭い部屋を有効活用することができるのです。

また、仕切りに使う棚は低めのものを選ぶことによって、部屋を広く見せることができます。

よって、6畳の部屋を圧迫することなく、すっきりとまとめることができるというわけなのです。

 
 
このように、一人暮らしで6畳の部屋に住んでいる人は、上手に収納スペースを確保することができれば、部屋を広くすることができるのです。

スポンサードリンク

突っ張り棒など100均でも購入することができますし、自分の部屋を楽しみながら作っていってください。

そうすることで、今まで以上に快適に過ごすことができるのです。

収納スペースを工夫すれば、一人暮らしの部屋の広さをカバーできる

一人暮らしの部屋は狭いのが一般的です。

そして、収納スペースが少ないこともあって部屋が散らかりやすいのがデメリットといえます。

でも、一人暮らしで収納スペースを工夫すれば、部屋の広さをカバーできます。

どのように工夫するかはあなた次第ですが、工夫できる所は実践してみる価値があるでしょう。

 
 
では、一人暮らしの部屋を少しでも広く見せるためにはどこを工夫すればよいのでしょうか。

部屋の広さは大きくすることができませんが、物を収納することによって広くすることができます。

まずは、廊下の天井スペースです。

ここに、突っ張り棒とネットを使って、天井に収納スペースを作るのです。

そうすることで、部屋の中に棚を置かなくて済むため、部屋の広さを工夫することができるのです。

 
 
そして、クローゼットが狭い人の場合、突っ張り棒を使って2段に使用することで多くの洋服をかけることができます。

そして、下が空きますのでデットスペースとなりますが、ここには小物類や下着類を置くときれいに収納することができるのです。

よって、もともとついている突っ張り棒は外して自分で工夫するとより多くの物をクローゼットにしまうことができるのです。

 
 
また、一人暮らしのキッチンはとても狭いのが特徴です。

なので、キッチンの壁を使って調理器具などをかけるともともとある棚に常備しておくものをしまうことができます。

そのため、部屋に乱雑におく心配もなくなりますので、部屋の広さをキープすることができるのです。

キッチンの調理器具はフックにかけて壁にかけるだけで、すぐに使うこともできますし、乾いてない場合でも自然乾燥させることができてとても便利です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑