一人暮らしについて畳の部屋のデメリットは?

公開日:  最終更新日:2018/01/20

一人暮らしは親元を離れるため、デメリットも存在します。

思ったより一人暮らしはお金がかかり、家族がいないため、精神的な不安や寂しさも大きいのです。よって、一人暮らしを満喫するために色々と工夫をしていきましょう。

一人暮らしで古い物件ですと畳の部屋が多いです。
畳の部屋にはメリットとデメリットが存在します。

よって、これら双方をきちんと把握しておけば、これから生活するうえで快適に過ごすことができるでしょう。

スポンサードリンク

デメリットを知ろう:一人暮らしについて

一人暮らしは親元を離れることで、自由になる時間が増えます。

そのため、家族に合わせなくてよくなりますので、束縛がなくなります。

一見、一人暮らしはよいことが多いように始めは感じますが、実はデメリットもたくさんあるのです。

よって、一人暮らしをする際に、きちんとデメリットは把握しておいたほうがよいのです。

 
 
では、一人暮らしをするに当たって、デメリットは一体どのようなことがあるのでしょうか。

まずは、一人暮らしはお金がかかるということです。

家賃、食費、光熱費などをすべて自分が支払うことになるのです。

また、家具などをそろえるだけでもお金がかかり、一人暮らしの初期費用は大変大きなものといえます。

 
 
さらに、家族が一緒に暮らしていませんので、精神的な不安や寂しさというものが出てきます。

誰かと話したいけれど、すぐに話す相手がいない、そして、家事などをすべて自分でこなさないといけないのです。

一人暮らしをしていて一番不安になるときというのは、風邪などをひき、身動きが取れなくなった時です。

この時は一番一人暮らしに不安を感じる人が多いのです。

 
 
また、一人暮らしは自由な時間が増えても、自由に使えるお金が少ないということです。

よって、生活を送るためにお金を稼いだとしても趣味にまで回すことが難しいと言えます。

スポンサードリンク

そして、食事も一人となれば、コンビニやお惣菜で済ませてしまうことが増えるため、健康面で心配なことが色々と出てくるのです。

よって、一人暮らしはよいこともありますが、デメリットもたくさんあることを覚えておきましょう。

畳の部屋のデメリット:一人暮らしをするとき

一人暮らしをするときに、フローリングにするか畳の部屋があってもよいか悩むことが多いです。

若い人でしたら断然フローリングを希望します。

ですが、どうしても家賃を抑えたいとなると畳の部屋があっても妥協することが多いです。

古い物件ほど畳の部屋の場合が多いです。

そのため、畳の部屋があることのメリットとデメリットをきちんと把握しておくようにしましょう。

 
 
では、一人暮らしの部屋で、畳の部屋があるメリットは何なのでしょうか。

畳の部屋はすぐに横になることができ、日本伝統を感じることができるため落ち着いた雰囲気になることができます。

そして、夏は大変涼しく掃除も簡単といえるのです。

また、来客があっても床に座るため椅子の数を気にしなくてもよいという点です。

小さな子供がいる場合は、転んでも安心していられます。

 
 
逆に畳の部屋のデメリットについては、コーヒーなどをこぼしてしまうと、ふき取る間もなくしみこんでしまいます。

よって、シミが取れなくなることが多いのです。

そして、畳の部屋の上に家具を置くことは前提に作られていませんので、基本的に何も置くことができません。

置いてしまうとダニやカビの原因を作ることになってしまうのです。

 
 
また、畳の部屋のデメリットは年月がたつことによって、畳が古くなってしまいます。

そのため、取り替えなくてはいけなくなってしまうのです。

畳は時間がたつと変色してしまいますので、退去した際に取り換えることが多いです。

ですが、取り替えないままでいると畳も腐りますので気を付けてください。

これらに気を付ければ畳の部屋でも一人暮らしをすることができるでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑