インテリアを楽しむ前に一人暮らしの部屋探し!部屋選びに必要な条件は4つ!

公開日:  最終更新日:2018/02/15

一人暮らしでインテリアを楽しみたいのであれば、部屋探しはきちんと行うことが必要です。

自分が納得のいく部屋でないと上手にインテリアもできませんので、部屋探しのコツをご紹介します。

一人暮らしで部屋を借りるときは4つの条件を考えておくことがとても大切です。

これを考えずに部屋を借りてしまうとのちに困ることになるからです。
よって、一人暮らしの部屋選びは慎重に行いましょう。

スポンサードリンク

インテリアを楽しむ前に一人暮らしの部屋探しが大切

一人暮らしの部屋探しにはコツがあります。

このコツを掴んでおかないと部屋選びに失敗して自分が思っていたインテリアを楽しむことができなくなることもあるのです。

せっかく一人暮らしをするのであれば、インテリアも楽しみたいですし、快適な部屋にしたいものですよね。

なので、一人暮らしをするための部屋探しというのは慎重に行うことが必要となってくるのです。

 
 
まず始めに一人暮らしの部屋探しをするときに一番重要だと言われている家賃についてです。

払えないところは絶対に選択しないでください。

家賃には共益費や管理費が含まれていませんので、きちんと費用をトータルで計算して毎月の支出を考える必要があります。

それに見合った部屋を探すことが大切になってきます。

そして、次に間取りを確認します。

これで、インテリアを楽しめるかが決まると言えます。

 
 
あと必要に応じて一人暮らしの部屋探しに気をつけて確認しておきたいことは、ガスコンロ、バス・トイレ別、都市ガス、インターネット利用、スーパーや病院までの距離です。

これによって生活内容が変わってきます。

特に、都市ガスについては料金が安いためガスは都市ガスであるか確認しておくと毎月の使用料に関係してきます。

 
 
このように、一人暮らしの部屋探しは色々な面で確認することが大切です。

一番に言えることはインテリアをどういかに楽しむかというよりも毎月の生活費がどのくらいかかるのか想定しておくことが大切です。

そうしないとずっと住み続けることができなくなってしまいます。

スポンサードリンク

毎月の収入と支出のバランスを考えて部屋探しをして、そこから自分好みのインテリアを楽しみましょう。

部屋選びに必要な条件は4つ!一人暮らし編

一人暮らしを始めるに当たって部屋を選んで刈りますよね。

そのときに、一人暮らしの部屋の条件をきちんと考えておくことが大切なのです。

条件は最低4つあり、これを押さえておくと不動産屋に足を運んでから具体的に決めることができます。

そして、一人暮らしの部屋もスムーズに探すことができますので、この4つの条件をきちんと考えて整理しておくことが重要だと言えます。

 
 
では、一人暮らしの部屋選びの時に4つの条件というのは一体何なのでしょうか。

まずは、家賃です。

家賃というのは手取り月収の3分の1が目安となっています。

よって、手取りが20万円の人であれば6万円から7万円の部屋を探すのが妥当といえます。

これを超えてしまうと生活費に余裕がなくなってしまうのです。

 
 
次に、一人暮らしの部屋選びで大切な条件は立地です。

駅から遠い場所となれば家賃が安くなります。

そのため、どの駅の付近に住みたいのか、どのような地域に住みたいのかある程度目的を決めてから不動産に行くと一人暮らしの部屋を見つけやすくなります。

また、インターネットなどでも不動産を調べることができますのであらかじめ調査しておきましょう。

 
 
そして、間取りや部屋の広さも考えることが大切です。

一人暮らしではワンルームや1K、1DKが一般的です。

また、部屋はユニットバスが多いですが、バス・トイレ別にすると家賃が高くなる要因となりますのでどのような暮らしをしたいのか考えておきましょう。

また、女性の場合は洗濯機などの置くスペースも間取りとして考えておきたいポイントの一つです。

 
 
最後に、入居時期をはっきりさせることが大切です。

気に入った部屋が見つかっても条件によっては後回しにされることもあります。

よって、入居できる条件はとても大切だと言えるのです。

このように、一人暮らしの部屋を選ぶときは押さえておかなければいけない条件があるので、よく考えておきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑