料理を楽しむ一人暮らしの単身者が多い。料理道具で必要なものって?

公開日:  最終更新日:2018/02/22

一人暮らしをしている単身者の人で、自宅で料理をしている人が増えてきています。

一人暮らしは意外と自炊をしないイメージが強いですが、節約や健康面から料理を始めている人が多いのです。

一人暮らしをするなら料理道具も必要です。
料理をするかわからない!という人もいざ料理をしたくなった時に一からそろえるよりは始めから準備しておくべきです。

なので、一人暮らしに必要な料理道具について学びましょう。

スポンサードリンク

料理を楽しんでいる一人暮らしの単身者が多い

一人暮らしをしている単身者の人のイメージとして外食やコンビニ弁当などを利用している人が多いと思いますよね。

でも、ここ最近では経済事情が変わってきており、外食から内食に変わってきている傾向があります。

よって、一人暮らしをしている単身者の人は自宅で料理をして内食を楽しむ人が増えてきているのです。

自分で料理を作るのは大変かもしれませんが節約につながり、健康面にもよいということが言えます。

 
 
特に最近一人暮らしをしている単身者の男性たちは、自分でお弁当をつめて会社に持っていくという「弁当男子」が流行っています。

以外にも女性よりも凝った料理を作っている人が多いと言えます。

男性からすると一度ハマったら楽しくなってきたと感じる人が多いようです。

また、メニューに困ったらクックパッドがありますし、弁当男子専用の本も販売されていますので、たくさんの料理を作ることができるような環境と言えます。

 
 
そして、一人暮らしをしている単身者の人で忙しい人に嬉しいサービスが、食材を玄関先まで配達してくれるというものです。

食材宅配サービスを利用する人が増えてきており、わざわざ買い物にいかなくても料理に必要な食材を自宅に届けてくれるのでとても便利と言えます。

また、余計なものを買ったりしないのでとても経済的と言えます。

 
 
このように、一人暮らしをしている単身者で料理を楽しんでいる人がとても多くなってきているのです。

スポンサードリンク

確かに外食やコンビニ弁当は楽ですが、食費がかかってしまいますし、生活習慣病など健康面も心配になります。

よって、まだ料理を上手に行うことができない人でもお米を炊くなどから料理を始めてみてはいかがでしょうか。

少しずつ料理の腕が上がってきますよ。

料理道具で必要なものって?一人暮らしをするとき

一人暮らしをしている人は、料理をなかなか行わない人も多いですが、最低限の料理道具は持っておくことが大切です。

料理をしたことがないし、出来ないという人でも誰かが作ってくれる可能性だってあるのですよ。

そこで、一人暮らしで最低限用意しておいてほしい料理道具についてご紹介します。

 
 
一人暮らしの料理道具で最低限必要なものは、包丁、フライパン、鍋、まな板、ザル、ボウル、おたま、フライ返し、はさみ、菜箸、計量カップ、キッチンタイマー、ピーラー、しゃもじ、栓抜きといったところです。

最低限なのに多いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、すべて1つずつは持っておいた方がよいものばかりなのです。

大きいものでなくてもよいので、そろえてみましょう。

 
 
そして、一人暮らしの料理道具であると便利といえるものは、圧力鍋です。

料理を時短で行うことができ、保温効果もあるので大変重宝します。

そして、あると便利なものとしてはスライサーですね。

野菜をカットするときに楽をすることができます。

また、スライサーがあれば、サラダも簡単にたくさんの量を作ることができますので、野菜不足になりがちな日折り暮らしの人にはぴったりです。

 
 
一人暮らしの料理道具で意外と不要だと感じられるものはヤカンです。

フライパンやお鍋があれば簡単にお湯を沸かすことができるため、そこまで必要としない人が多いのです。

あと同様の理由から電気ポットもいらないようです。

逆に電気ケトルは重宝しています。

このように、一人暮らしの料理道具で必要最低限のものは揃えておきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑