狭いキッチンで料理:一人暮らしで栄養バランスの取れた食生活を!

公開日:  最終更新日:2018/03/03

一人暮らしの部屋のキッチンはとても狭いので料理がしにくいと感じる人が多いです。

でも、ちょっとした工夫をすれば、料理しやすいキッチンに変身することができるので、その内容をご紹介します。

一人暮らしの食生活を乱さないためにも栄養バランスから食事を考えることが大切だといえます。
1日にたくさんの品目を食べることは難しいので、電子レンジをうまく活用して普段の食事を工夫していきましょう。

スポンサードリンク

狭いキッチンで料理:一人暮らしで工夫すること

一人暮らしをしていると部屋は全体的に狭いものが多いです。

なので、もちろんキッチンやお風呂など決して広いとは言えませんよね。

特に自炊を頑張りたい人からすれば狭いキッチンは不便なことも多く、ストレスがたまりやすいです。

でも、収納を工夫すればキッチンはとても使いやすくなるので料理がしやすくなるといえます。

 
 
まず、一人暮らしでキッチンを有効活用するためには空いている壁をどんどん活用していきましょう。

賃貸物件だと好き勝手に改良することが難しいですが、空いている壁を使ってラックなどを取り付ければ調味料を置くスペースを確保することができ、料理スペースを取ることができるようになるのです。

なので、突っ張り式パネルを使ったりラックを取り付けてみてくださいね。

 
 
次に、一人暮らしでキッチンを有効活用するためにおすすめのアイテムは移動できるワゴンです。

移動できるワゴンは調理台として利用することもできますし、収納スペースとして活用することもできるのでとても便利なアイテムです。

また、移動ができるので掃除の時も大変便利だと言えます。

これで、毎日楽しく料理をすることができるので一つ購入してみるといいですね。

 
 
このように、一人暮らしで楽しく料理をするためには収納スペースを確保して少し工夫をしてあげるだけでキッチンを広く利用することができます。

限られたスペースをいかに有効活用するかはあなた次第です。

スポンサードリンク

なので、キッチンが狭いと感じたら利用できる所はどんどん工夫をして活用していきましょう。

栄養バランスの取れた食生活を!一人暮らしでできること

一人暮らしはどうしても食生活が乱れやすいです。

自炊をするのが面倒と感じ、コンビニ弁当や外食で済ませてしまうことが多いです。

しかし、このような生活を続けていると栄養バランスが乱れた状態で身体によいことは何もありません。

そのため、自炊は面倒だと感じても食生活をきちんと規則正しく整える必要があるのです。

また、栄養バランスから食事を考えることが大切です。

 
 
一人暮らしの食生活で上手に野菜を摂取できるコツとしては電子レンジを上手に活用することです。

調理する時間がない人であれば、電子レンジで簡単に茹で野菜を作ることができます。

調理までの時間が短いのに摂取量を増やすことができるのでメリットが多いと言えます。

例えば、カボチャやブロッコリーなど茹でるのに時間がかかる野菜でも電子レンジを使えば簡単に蒸し野菜を作れ、栄養価も高いので栄養バランスがいいと言えます。

 
 
また、一人暮らしの食生活で野菜が不足しているのを補うために野菜ジュースを飲む人もいますが、毎日野菜ジュースを飲んでしまうと、糖分や塩分を多く摂取してしまいます。

そのため、高血圧や糖尿病の生活習慣病のリスクを高めてしまうことになるのです。

よって、野菜ジュースはたまに飲むことがおすすめであり、栄養バランスを補える補助食品ではないということが言えます。

 
 
もし、野菜ジュースを飲むのであれば、食物繊維やビタミンCが多く含まれているものを選ぶか、自分で野菜ジュースを作ることをおすすめします。

ミキサーがあれば簡単に野菜ジュースを作ることができますし、栄養バランスがよい野菜ジュースを作ることができます。

よって、一人暮らしの食生活で栄養バランスの取れた食事を心がけるようにするためにも何らかの工夫が必要なのです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑