基本家具と一人暮らしを6畳の部屋を快適に

公開日:  最終更新日:2018/03/10

一人暮らしをするとき、基本家具以外のものは必要ありません。

これ以上家具を部屋に入れてしまうと狭い部屋がもっと狭くなってしまいます

一人暮らしで6畳の部屋はとても狭く、家具の配置の仕方によっては、もっと狭くしていまいます。

6畳の部屋でも快適に過ごすことができるレイアウトについて学び、実践してみましょう。

スポンサードリンク

基本家具と一人暮らしについて

一人暮らしをするなら、基本家具を購入すると思います。

主に、ベッドや机、テーブル、ソファ、ラックなどが基本家具に入っているでしょう。

そして、一人暮らしをするときは、基本家具以外は必要ないのです。

そうしないと部屋を狭くする原因となってしまうからです。

できれば、基本家具というものは最小限に抑え、家具以外に収納スペースを上手に活用することで、部屋をより広く見せることができるのです。

 
 
インテリアコーディネートを上手に行っている人というのは、占有面積をきちんと考えます。

これは、占有面積である床面積の3分の1程度残すのです。

そして、インテリアを全体に配置することはありません。

インテリアを配置するときは、部屋の片側にまとめてオープンスペースを作るのです。

よって、基本家具は片側にまとめることがポイントとなります。

そうすることで、部屋を広くすることができるのです。

 
 
また、基本家具は壁に近い色でまとめることによって、部屋の圧迫感を薄くすることができます。

そのため、白い壁紙の部屋は基本家具を白にすることによって、部屋全体をなめらかに見せることができるのです。

なので、部屋が広いという印象を与えることができるといえます。

そして、基本家具はできるだけ背丈の低いものを選ぶのがポイントです。

上に空間を作れば、部屋が広く感じることができるのです。

 
 
このように、一人暮らしをするときは、基本家具にこだわったり、配置の仕方を考えることによって、部屋を広く使うことができるのです。

スポンサードリンク

よって、基本家具であっても実際必要ないものもありますので、きちんと家具選びをするようにしてください。

そうすれば、無駄なお金をかけなくても済み、快適な一人暮らしをすることができるのです。

6畳の部屋を快適に:一人暮らしについて

一人暮らしの部屋は決して広いものではありません。

家賃などを考えると6畳の部屋を妥協して住む人が多いです。

また、6畳の部屋の中に、家具を置いてしまうともっと狭くなってしまい、どうやったら広くすることができるのか悩む人も多いです。

そのような人は、6畳でも快適に過ごせるように、レイアウトを考えてみて、実践してみるとよいでしょう。

 
 
では、ここからは6畳の部屋をどのようにしたら快適に過ごすことができるかについてご紹介していきます。

一人暮らしの部屋における家具というのはだいたい決まってくるでしょう。

ベッドや机などをすべて部屋の隅に置くことによって、オフィスルームのようなレイアウトにすることができます。

配置にこだわることによって、狭くても快適な部屋にすることができるのです。

 
 
次に、6畳の部屋を広く見せるポイントとして、家具は身長の低いもので統一するということです。

そうすることによって、上の空間があき、部屋を広くみせることができるのです。

また、壁も使うことで、収納スペースを増やすことができるため、家具の選び方で部屋の広さが決まるというわけなのです。

 
 
また、6畳の部屋であっても、キッチンやお風呂などが別になっていれば、6畳であっても快適に部屋を有効活用することができます。

よって、キッチンと部屋にきちんとドアがあり、区切られている物件を探しましょう。

それによって、これからの生活を大きく変えることとなります。

このように、一人暮らしの部屋で6畳であっても、家具の配置や形にこだわれば広く快適に過ごすことができるのです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑