インフルエンザは自然治癒可能?解熱剤は?病院に行くタイミングは?

公開日:  最終更新日:2015/11/20

インフルエンザのような症状が出ている。

自然治癒では無理なのかな?
使ってはいけない解熱剤があるの?
病院に行くタイミングはいつ?

そこで、インフルエンザと自然治癒の関係について調べました。

スポンサードリンク

インフルエンザは自然治癒で治るのか?

インフルエンザと風邪の症状は似ていますよね。
インフルエンザが流行している季節は
病院も混雑していますし
具合悪いのに診察待ち時間が長すぎます。

なので、インフルエンザは自然治癒しないのかな?
と疑問を持つ人も多いです。
寝ていれば治るような気もすると考える人が増えています。

昔は、現在のようにインフルエンザの特効薬はありません。
そのため、自然治癒でしか治す方法がなかったのです。
よって、インフルエンザは自然治癒も可能と言えますが
これは体力がない人は無理と言えます。

インフルエンザは高熱が出て体力をかなり消耗します。
なので、自然治癒を選び痛みに耐える時間を考えるなら
特効薬で体を少しでも楽にして早く回復した方
辛い時間は減るというわけです。

また、熱が続いていることで市販薬の解熱剤
服用する人もいますが
インフルエンザなのか風邪なのかわからない時に
服用してしまうと合併症を引き起こす可能性もあるのです。

そのため、素人の判断で服用するのは大変危険ですので
自然治癒や市販薬に頼るのであれば
病院を受診して早く治療することをおすすめします。

インフルエンザには解熱剤が使用できない

インフルエンザらしき症状で熱がある場合
とりあえず市販薬の解熱剤を頼る人は多いと言えますが
もし、インフルエンザの症状で解熱剤を使用するとなれば
とても危険な行為と言えます。

なぜなら、解熱剤の種類によっては
けいれんまたは意識障害を発症する恐れがあるからです。

具体的にはインフルエンザ脳症やインフルエンザ脳炎
肝機能や脳に障害をもたらすライ症候群という
重病を招く恐れがあるのです。

これらは後遺症が残る可能性が高く
最悪の場合は死に至るケースもあるのです。

スポンサードリンク

これは子供でも大人でも共通していることであり
注意しなければいけない解熱剤の種類

・アスピリン
・ボルタレン
・ボンタール

と言われる強い解熱作用があるものです。

これらはクリニックでも処方されることはありませんので
病院を受診した方が安心して薬を飲むことができ
治療することができます。

インフルエンザかな?病院に行くタイミングは?

インフルエンザかもしれないと感じた時に
病院に行くタイミングに悩みますよね。

病院では鼻に綿棒のようなものを入れて
検査を行いますが早すぎると結果がでない場合もあります。

そのため、1回目は陰性で2回目が陽性だったという人も
少なくはありません。

ですが、最近ではインフルエンザ発症6時間後でも
検査結果が出るキットが登場しています。

そのため、病院に行くタイミングというのは
早ければ早いほどよいというわけです。

さらに、インフルエンザの治療薬というのは
発症後48時間以内に使用しないと効果が出ません。

そのため、早ければ早いほどウイルスの増殖を
抑えることができるといえるのです。

インフルエンザかな?と思ったら
病院に行くタイミングはいつかなと
悩んでいるよりもすぐに病院を受診しましょう。

インフルエンザの症状

・38度以上の発熱
・倦怠感
・頭痛

・咳
・のどの痛み
・吐き気
・下痢

・筋肉痛
・鼻詰り
・鼻水

また、予防接種をしていると症状が軽い場合もあります。
インフルエンザは感染力が強いので
他の人に移さないためにも早めのタイミングで
病院を受診してください。

まとめ

インフルエンザは自然治癒も可能ですが
特効薬を飲めば体が楽になり早く治すことができます。

市販薬で解熱剤を使用するときは
使用してはいけないものもあるため
分からない場合は病院を受診するべきです。

また、病院に行くタイミングとしては
早いことにこしたことはありません。
素人の判断は大変危険ですので
悩まずに病院をすぐに受診しましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑