利率を比較しよう:国の教育ローンとは?

公開日:  最終更新日:2018/01/13

教育ローンを借りるときは利率が気になりますよね。

公的金融機関でしたら固定で低金利です。
また、大手企業関連の銀行も低金利を実施しています。

よって、金融機関を比較して利率が低いところを探し、条件の良いところを探しましょう。

国の教育ローンとはどのような内容なのでしょうか。

それは、政府系金融機関の日本政策金融公庫が取り扱っているものです。
子供の進学から留学、資格取得に利用することができるようになっています。

スポンサードリンク

利率を比較しよう:教育ローンについて

子どもの進学によって教育ローンを借りることはよくあると思います。

教育ローンを借りるとなると利率が気になるところです。

できるだけ利率が低い方が利息を多く支払わなくても済むのです。

よって、家計の負担を少しでも減らしたいのであれば、利率は重要と言えます。

 
 
公的金融機関などは固定金利で他の民間金融機関よりは低金利と言えます。

そして、大手企業関連の銀行も低金利を実施しているところが多いのです。

よって、教育ローンを利用したいと思ったら、金融機関同士を比較して利率が低いところを探すようにしましょう。

また、他の条件もよいのか合わせて確認することが大切です。

 
 
今回はイオン銀行の教育ローンをご紹介します。

イオン銀行では教育ローンを取り扱っており、入学金や授業料、資格取得資金にも利用することができるのです。

そして、利率は、年2.80%であり、借入期間最長は15年で元金据え置き最長6年で、500万円まで借りることができます。

そのため、民間金融機関よりも条件がよいといえるでしょう。

そして、イオン銀行添付で15字までに申し込みをすると最短当日中に結果を知ることができます。

 
 
また、平日に限らず、土日祝日でも審査をすることができるので、自分の都合に合わせて教育ローンを申し込むことができます。

スポンサードリンク

そして、利率を優遇してくれるものもあり、給与振り込みをしたり、カードローンを利用することによって、もっと利率を下げることができるのです。

利用範囲も大学受験に限らず、幼稚園の受験から利用することができます。

よって、多岐にわたり教育ローンを利用することができるでしょう。

国の教育ローンとは?

国の教育ローンとはどのくらい借入をすることができるものなのでしょうか。

それは、最高で350万円借りることができます。

そして、固定金利で年2.25%となっており、最短2週間で入金してもらうことができるのです。

国の教育ローンを取り扱っているのは、政府系金融機関である日本政策金融公庫が行っています。

ここでは、進学の他にも、留学や資格取得に利用することが可能なのです。

 
 
国の教育ローンとは、多様な教育資金のニーズに対応することができています。

なぜなら、入学金や授業料はもちろんのこと、定期券代やアパート代、パソコンの購入なども適用するのです。

そのため、利用範囲は広いといってもよいかもしれません。

そして、大学進学の他にも、高校や高専、専門学校や予備校にも国の教育ローンは利用することが可能なのです。

 
 
手続き方法は、インターネットからでも申し込むことが可能です。

24時間いつでも好きな時に申し込むことができるのです。

教育ローンの審査結果は最短5営業日で結果をお知らせしてくれます。

そこから契約となりますが、窓口に直接言ってもよいですし、郵送でも契約を行うことができます。

審査結果が通り契約をすると1週間ほどで入金をしてもらうことができます。

 
 
このように、国の教育ローンとは、政府系金融機関の日本政策金融公庫が取り扱っているものであり、様々な教育のニーズに合わせて利用することが可能となっています。

また、店頭窓口に直接いかなくても契約まで行うことができますので、忙しい人でも手続きを進めていくことができます。

よって、気になる人は一度ホームページを確認してみるとよいかもしれません。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑