銀行の教育ローンを比較検討しよう。でも銀行で融資を断られたら!

公開日:  最終更新日:2018/01/27

銀行の教育ローンを利用して、子供の教育資金にあてようと考えている人はいませんか?

様々な銀行では教育ローンを取り扱っています。
しかし、内容が多少異なるため、どれがお得に借りることができるか比較して検討することが必要です。

教育資金を銀行などで融資してもらえない場合はどうすればよいかご存じですか。

教育支援資金を利用することによって、教育資金を賄うことができる可能性があります。
よって、融資してもらえないからといって諦めるのはまだ早いのです。

スポンサードリンク

銀行の教育ローンを比較検討しよう

銀行の教育ローンを利用することで、子供の教育資金を調達することができます。

銀行は様々ありますが、ここでは必ずと言っていいほど教育ローンを取り扱っているのです。

同じ教育ローンであっても、金利が異なったり、利用範囲が異なりますので、利用する際は、銀行の教育ローンを比較検討することが大切なのです。

 
 
たとえばみずほ銀行の教育ローンについてみていきましょう。

みずほ銀行の教育ローンは、教育ローンの金利引き下げキャンペーンを行っています。

このようなキャンペーンは春に行われることが多く、他の銀行でも行っていたりするでしょう。

みずほ銀行の教育ローンは、変動金利であり、普通に借入をすると年3.475%となります。

しかし、キャンペーン金利を利用することで、年2.975%に引き下げることができるのです。

 
 
また、インターネットで申し込みをするとさらに0.1%の金利を引き下げることができます。

よって、変動金利年2.875%で教育ローンを利用することができるというわけなのです。

また、入学先が決まらなくても教育ローンを申し込むことが可能となっています。

そのため、早いうちから手続きをしておくことによって、いざ必要となった時に迅速に用意することができるというわけなのです。

 
 
そして、みずほ銀行の教育ローンは、学費以外の教育資金であっても申し込みをすることが可能となっています。

そのため、利用範囲は幅広いと言えるでしょう。

スポンサードリンク

また、みずほ銀行では最大で300万円を借りることができ、最長10年まで利用することが可能となっています。

そのため、条件としては大変良いと判断することができるでしょう。

このように、銀行の教育ローンを隅々まで確認しておくことが大切なのです。

銀行で融資を断られた・・・教育資金をどうしよう

教育資金が必要となった時、教育ローンを利用したいと思ったりするでしょう。

しかし、銀行などで融資してもらえない場合もあります。

これは、審査を通過することができないと教育ローンを利用することができないのです。

また、奨学金制度も何かしらの理由によって、利用することができない場合があります。

そのため、教育資金をどう賄えばよいか悩んだりすることでしょう。

 
 
しかし、諦めるのはまだ早いです。

銀行などで融資をしてもらうことができず、奨学金を利用することもできない場合であっても、まだ融資してもらえる可能性があるところがあります。

それは、教育支援資金です。

厚生労働省の管轄である、社会福祉協議会が取り扱っているもので教育支援資金というものがあります。

 
 
よって、最後の切り札として教育支援資金を申し込んでみるとよいでしょう。

ここでは、借りるのは親ではなく、学生本人となります。

そして、生計維持者が連帯保証人となるのです。

また、奨学金制度と内容が似ていて返済は据置となり、卒業して半年たってから返済をすることになります。

また、教育支援資金は無利息なので、奨学金の第一種と近いものがあるでしょう。

 
 
しかし、利用するに当たって様々な条件をクリアする必要が出てきます。

それは、学力や家計の基準によって借りることができるか決まるのです。

そして、移住地である地域に申し込む必要があるのです。

そして、貸付までに時間がかかり1ヶ月から2ヶ月程度かかるため、申し込みを早めに行っておくことが必要となるでしょう。

そうすることによって、教育資金を確実に調達することができるのです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑