子供の受験費用は教育ローン適用。子供の学費と親の年収について

公開日:  最終更新日:2018/01/31

教育ローンは受験費用が対象に入っていることをご存知ですか。

教育ローンは入学金や授業料の他にも活用することができるのです。
そのため、子供の進学が決まる前から教育ローンを利用することができるので、早めに申し込みをしておきましょう。

子供の学費がピークになるのは大学生がいる家庭です。

大学生がいる家庭の平均年収は797万円となっています。
よって、親の負担は大変大きく、家計を圧迫しているため、どのように学費を準備するか計画的に考えていかないといけないのです。

スポンサードリンク

子供の受験費用は教育ローン適用

教育ローンと聞くと、入学金や授業料の教育資金のために活用するものだと思っている人がとても多いです。

しかし、教育ローンというものは、利用範囲がとても幅広く、受験費用からでも利用することができるのです。

また、受験旅費などにもあてることができ、経済的に余裕がない場合、教育ローンを利用して一時しのぎをすることができるのです。

そのため、教育ローンを利用するときは早い段階から申し込みをしておくと便利なのです。

 
 
子供の成長というものは早く、生まれてからあっという間に大人になってしまいます。

その過程として子供の進学が関わってくると言えるでしょう。

特に、近年幼稚園からお受験をする時代になりました。

よって、受験費用は小さいうちからでもかなり家計の負担になっていることがわかります。

 
 
小さいうちは子供の進む道は親が導いたりするものですが、高校生ともなると自分の進路を自分で決めることが多いです。

親は子供が進みたい道に行かせたいという思いから進学をさせると思います。

ですが、受験費用はそう簡単に見出すことができないことが多いでしょう。

そこで、教育資金不足に陥る場合、教育ローンを活用することでその問題を解決することができるのです。

 
 
教育ローンは、公的金融機関から民間金融機関までいろんなところで扱っているものです。

スポンサードリンク

そして、利用範囲も多岐にわたり、決して入学金や授業料だけが対象とは限りません。

よって、子供の受験が近くなってきた段階で、教育ローンを申し込むことにより受験費用を賄うことができるようになるのです。

そうすることで、急な出費がかさんだとしても安心して受験をさせてあげることができます。

子供の学費と親の年収について

子供の学費は大変お金がかかるものです。

そのため、子供の学費のために貯蓄などをしている家庭も多いです。

子供の学費がピークになるのは大学生になった時と言えます。

このようなとき、親の年収はどのくらいなのでしょうか。

大学生が居る家庭を調査すると平均年収は797万円となっています。

この数字はダウン傾向にあり、親の年収が下がっているにも関わらず、子供の学費は上がる一方なのです。

 
 
そのため、親の負担は大変大きいことがわかります。

この平均年収は国立大学、私立大学の違いであってもたった2万円しか差がありません。

よって、どこの家庭もだいたい年収は同じだということがわかります。

だからといって、親の年収が800万円無いと子供を大学に進学させることができないというわけではありません。

 
 
きちんと子供の学費を貯蓄しているのであれば、それを使って賄うことができます。

また、学費が不足していたとしても教育ローンを借りることによって資金不足を解消し、子供を学校に通わせることができるのです。

そのため、子供の学費をどのように準備するかが親の見せ所だというわけです。

 
 
このように、子供の学費のピークは大学生であり、親の年収はだいたいが800万円前後だということがわかりました。

しかし、年収がここまでなくても、教育ローンなどを利用することで子供を進学させてあげることはできるのです。

まずは、子供が進学するまでの間にできる限り貯金をして不足している分を教育ローンなどで賄うとよいわけです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑