子供の教育費の負担は大きいが平均は?教育資金は必要?

公開日:  最終更新日:2018/02/03

教育費の負担は家計を大きく圧迫する原因となります。
そのため、子供が小さいうちから教育費を少しでも準備しておく必要があるのです。
そして、不足している分は奨学金制度や教育ローンなどを利用して賄うとよいでしょう。

子供の教育費の平均というのは1人あたり1000万円と言われています。
そのため、教育資金を準備する必要が出てきます。

子供が生まれてからすぐに教育資金を貯めることによって少しでも教育費にあてることができるのです。

スポンサードリンク

子供の教育費の負担は大きい

子供がいることによって、親は教育費の負担がとても大きいです。

なぜなら子供が高校入学から大学を卒業するまでの間にかかる費用というのは、1031万円7000円が平均となっています。

世界的に不況が続き家計の収入は減るばかりなのに、教育資金を確保することが大変です。

そのため、教育費の負担を少しでも減らすためには、子供が小さいうちから準備をしておくことが大切なのです。

 
 
また、教育費の負担を少しでも減らすために、奨学金制度や教育ローンなどを利用するという方法もあります。

奨学金は学生本人が借りるものであり、返済は卒業して就職をしてから半年後となります。

そのため、親の負担を少しでも減らすことができるのです。

また、教育ローンでも20歳を超えていて、アルバイトなどで一定の収入があれば、学生でも教育ローンを利用することができるものがあります。

 
 
先程子供一人当たりの教育費の平均金額をご紹介しましたが、これはあくまでも平均であり、子供が私立大学にいくとさらに金額は上がります。

特に、医学系に進むと2倍、3倍とかかる可能性があります。

よって、教育費の負担はとても大きいといえるでしょう。

この費用をどうやって捻出するか親にしてみたらとても大変なことです。

よって、計画的に教育費を確実に貯めていけるようにしていきましょう。

 
 
このように、不景気の中で教育費の負担はとても大きいのです。

そのため、早いうちから子供の教育費を計画的に貯めていけるようにしていかないといけません。

スポンサードリンク

また、いくら計画的に貯めていくことができたとしても不足することが考えられます。

よって、不足しているときは奨学金制度や教育ローンなどを利用して補っていきましょう。

子供の教育費の平均は?教育資金は必要?

子供の教育費の平均をご存知ですか。

子供の教育費の平均は1人あたり1000万円と言われます。

これは幼稚園から大学までの間にかかる金額であり、子供がどのような進路を選択するかによっても大幅に金額は変わってくるのです。

よって、子供の進学のために、教育資金を準備する必要があります。

教育資金を準備するのは教育ローンや奨学金制度を利用するのもよいでしょう。

 
 
しかし、それだけでは不足する可能性があります。

よって、子供が生まれたらすぐにでも教育資金を貯めることが大切なのです。

そうすることで、教育費に確実にあてることができるので、教育資金不足になることはありません。

とはいえ、家計から教育資金を貯蓄することはとても大変なことです。

そのため、無理なく確実に貯められる方法を考える必要があるのです。

 
 
ここで公立幼稚園費用と私立幼稚園費用の平均についてご紹介しましょう。

幼稚園でかかる費用の平均は、公立幼稚園で3年間69万円と言われています。

そして、私立幼稚園となると146万円となり、2倍以上となっています。

授業料だけでみても、公立幼稚園は年間平均74,428円であるのに対し、私立幼稚園は年間平均236,526円となっています。

よって、どこの幼稚園に行くかによってこんなにも金額がかわるといえるのです。

 
 
幼稚園からすべて私立となると教育資金の費用は莫大になると言えるでしょう。

なぜなら、小学校や中学校は公立となると授業料が一切かかりません。

ですが、私立となると年間平均が450,437円となります。

そのため、教育資金は4.5倍もの差が出ると言えるからなのです。

また、学校に通わせるための学用品費の出費もかさみます。

そのため、出費は計画的にはいきませんので、できるだけ多くの教育資金を準備しておく必要があるのです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑