子供の教育資金はどのようにして貯める?貯蓄は小学校6年間がチャンス

公開日:  最終更新日:2018/02/07

子供の教育資金を貯めるのはとても大変なことです。

必要になるまでに長い期間があるため、なかなかたまらないことも多いのです。
しかし目的がはっきりしているからこそ貯めやすいので、計画的にためるようにしましょう。

教育資金を貯蓄することが毎月のお給料からやりくりして貯蓄をするのはとても大変なことだと思います。
ですが、子供が小学生のうちは貯蓄することが可能ですのでできる限り貯蓄をするようにしましょう。

スポンサードリンク

子供の教育資金はどのようにして貯める?

子供の教育資金がないと進学させる時に、資金不足に陥ってしまいます。

そのため、早いうちから子供の教育資金を貯めることはとても大切なことなのです。

しかし、不況の中、収入が減少しているのにも関わらず、教育資金を貯めていくことはとても大変なことです。

また、必要となる時期までの期間が長いため、なかなか貯まらないということも多いでしょう。

 
 
ですが、逆を言えば、目的がはっきりしているため、毎月少しずつであっても貯めることはできるはずなのです。

よって、計画的にどのようにして貯めることができるかを考える必要があるのです。

一年間の間に100万円を貯めることはとても大変なことです。

しかし、18年という長期間でみれば月々約5000円弱で大丈夫なのです。

よって、少しの金額であっても確実に子供の教育資金を貯めていけるようにしましょう。

 
 
子供の教育資金を準備するにあたって、学資保険を利用する人も多いでしょう。

これですと確実に子供の教育資金を準備することができます。

しかし、利用するときは続けられる額に設定することが大切です。

また、保険ですので色々オプションがありますが、一番シンプルなプランにしておくことがおすすめです。

一番シンプルなプランにするからこそ、割高になることを抑えることができます。

 
 
そして、定期預金をして子供の教育資金を準備するのであれば、給与天引きで確実に貯めていく方法がおすすめです。

スポンサードリンク

これも確実に子供の教育資金をためることができます。

しかし、現在の景気を見ると低金利が続いているため、利息は多くつきません。

よって、利息は期待せずに貯めることを目的として利用した方がよいでしょう。

貯蓄は小学校6年間がチャンス:教育資金について

教育資金を貯蓄しないと子供が進学をする際に資金不足に陥ってしまいます。

そのため、毎月のお給料からなんとか教育資金のために貯蓄をするべきなのですが、不景気で物価が上がっているなかで貯蓄をすることはとても大変なことです。

しかし、子供が小学生のうちが教育資金を貯蓄するチャンスとなるのです。

そのため、難しくても子供が小学校6年間の間にできるだけ貯蓄をするようにしないといけません。

 
 
ではなぜ小学生のうちに貯蓄をするのがチャンスなのでしょうか。

それは、必ずもらえるお金があるからです。

それは、児童手当です。

毎月1万円の児童手当を受けている世帯でしたら、これを一年間貯めると12万円になります。

そして、6年間ためるだけでも72万円になるのです。

よって、小学校6年間の間に72万円を貯蓄することができます。

 
 
この72万円というのは私立大学の初期費用をほぼまかなえる金額と言えるのです。

そのため、小学校6年間の間にきちんと積立を行っていれば、子供の教育資金の初期費用を準備することができるというわけなのです。

そして、おじいちゃんやおばあちゃんからもらえるお金もきちんと貯蓄に回すことができれば、もっと貯蓄を増やすことができるというわけなのです。

 
 
このように、教育資金を確実に貯めたいのであれば、子供が小学生の内がチャンスとなります。

よって、児童手当を無駄遣いせずに貯めることで教育資金の初期費用にすることができるというわけなのです。

また、ボーナスやパート代なども少しずつ貯蓄をすることで、もっと金額を増やしていくことができるので、頑張ってみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑