学校の授業料は教育ローンや奨学金で、実質無利息ローンになる方法は?

公開日:  最終更新日:2018/02/13

子供が大学に進学するとなると授業料がとても高いので、準備することが大変なことが多いです。
毎月家計のやりくりをしてもなかなか捻出することが難しいと言えるでしょう。
そのようなとき、教育ローンを利用すると問題を解決することができます。

教育ローンの金利はとても高いため返済していくことに不安がある人も多いです。

しかし、利子補給金を利用すると、実質無利息ローンにすることができるようになります。よって、市町村の役所に問い合わせするとよいのです。

スポンサードリンク

学校の授業料は教育ローンや奨学金で

子供の進学にあたり、授業料が必要となります。

もちろん、子供の教育資金のために貯金をしている家庭は多いことでしょう。

しかし、受検費用から入学金、アパート代など思いのほかに出費がかさんでしまい、準備していたはずの授業料が足りないという場合もあります。

また、毎月家計をやりくりしている中で、なかなか捻出することは難しいことが多いです。

よって、子供の学校の授業料が不足した時は、教育ローンを利用しましょう。

 
 
教育ローンは、公的金融機関や民間金融機関で取り扱っています。

また、それぞれ金利が異なるため、低金利のところを選択することによって返済の負担を少しでも減らすことができるのです。

よって、教育ローンを利用するときは必ず他社比較をしてどこの教育ローンが、条件がよいかを判断することが大切なのです。

 
 
また、授業料を支払うに当たって、教育ローンを利用するのもよいですが、奨学金制度を利用するという方法もあります。

奨学金制度は学生本人が借りるということになり、返済は学生が卒業し、就職をした半年後から支払いが開始されます。

よって、親の負担を減らすことができるのです。

現在の大学生は、奨学金制度を利用して勉学に励んでいる人がとても多いです。

よって、利用しやすいと言えるのは間違いないでしょう。

 
 
このように、子供の進学で授業料を支払うことが困難な場合、教育ローンや奨学金を利用することでしはらうことができるようになります。

スポンサードリンク

教育ローンがお得なのか奨学金がお得なのかは自分で判断する必要がありますが、返済を無理なくすることができるほうを優先して選択した方がよいでしょう。

不景気の中、常に何がおきるかわかりません。

よって、安全な選択をすることが一番だといえます。

実質無利息ローンになる方法は?

教育ローンを利用すると固定金利や変動金利があり、元金と利息を支払わないといけません。

そのため、借りた金額よりも多くの額を支払うことになります。

そこで、できるだけ低金利のところを探す人も多いでしょう。

ですが、実質無利息ローンになるなら、そちらを利用したいですよね。

 
 
では、実質無利息ローンになる教育ローンはどのような仕組みのものなのでしょうか。

それは、利息補給金を利用することによって、教育ローンの利息を支払わなくてもよくなるというものなのです。

これは、奨学金の場合だと学校で行っていますが、それ以外にも市町村の役所に問い合わせることによって申し込みをすることができます。

 
 
しかし、申し込みをするにあたり、条件が存在します。

それは、1年以上対象の場所に住んでいること、市税をきちんと納税していることなどがあります。

よって、申し込みをする際に必ず申込条件を確認して該当するのか聞いてみることが必要です。

もし、該当しているのであれば手続きをしましょう。

そうすることによって、利息を支払わなくて、元金だけを支払うことになります。

これなら家計に大助かりの制度だといえます。

 
 
このように、教育ローンを利用するに当たって、実質無利息ローンにすることが可能なのです。

実質無利息ローンは教育ローンでありえないことであり、どこも低金利ではありますが、借りる金額が大きければ利息も多く支払わなくてはいけません。

よって、家計の負担を少しでも減らしたいのであれば、実質無利息ローンの利子補給金を利用した方が断然お得だと言えるのです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑