所得の差と学費の負担について高等学校等就学支援金を利用しよう

公開日:  最終更新日:2018/02/24

学費の負担を感じるのは所得の差によって異なります

。しかし、不景気が続いている中、所得の差は大きく、それによって子供の進学が危ぶまれることはいうまでもありません。
そのようなときに役に立つのが教育ローンなのです。

高等学校等就学支援金は高校に通うための教育費の負担を軽減するための制度です。

これは、公立高校、私立高校どちらにも適用される制度なのです。
よって、これを利用することによって、家計の負担を減らすことができるのです。

スポンサードリンク

所得の差と学費の負担について

子供が進学するとなると学費の負担が家計に響きます。

また、所得の差があることによって、子供を進学させることが困難な場合もあります。

しかし、所得の差で子供の進学をあきらめることはできないはずです。

よって、子供の学費の負担は所得の差を理由にするのではなく、教育ローンなどを利用すれば、安心して子供を進学させることができるのです。

 
 
不景気が続いている近年、親の年収は減っている中、子供の学費の負担はとても大きいのが現状です。

よって、いくら所得の差があったとしても同じように大学などに進学させる親は大変多いのです。

親が借金をしてまでも子供を進学させてあげたいと思う気持ちはどこも同じだということがわかります。

よって、教育ローンや奨学金制度を利用すれば、子供の進学も不可能ではないということがいえるのです。

 
 
また、親の所得の差によって教育ローンを利用できない場合も考えられます。

そういう場合は、まだ他にも教育資金を準備する方法があるのです。

それは、社会福祉協議会が取り扱っている教育資金貸付制度というものがあります。

これは、低所得者に対して無利息で教育資金を貸し付けしてくれる制度なのです。

よって、教育ローンが通らないと諦める必要はまだないということです。

 
 
これは、市町村の役場に申し込みをすることで利用することができる可能性があります。

スポンサードリンク

一定条件を満たさないといけませんが、気になる人は問い合わせて聞いてみるとよいでしょう。

よって、所得の差で子供を進学させることができないと悩んでいる人でも、学費の負担を軽減することができるというわけなのです。

高等学校等就学支援金を利用しよう

高等学校等就学支援金という制度をご存知ですか。

この高等学校等就学支援金というのは、高校に通うための教育費の負担が大きく、家計を圧迫することを救うための制度のことを言います。

高校は公立高校、私立高校に分かれますが、どちらにも適用することができる制度です。

そのため、これを利用することによって、少しでも家庭の経済的状況をよくすることができるのです。

 
 
この高等学校等就学支援金を利用する場合、市区町村に申請をする必要があります。

そして、所得割額が30万4200円以上の世帯の場合は、授業料を負担することになるのです。

よって、所得に応じて金額が変わるともいえるでしょう。

また、この制度の支給対象者というのは、学校に在籍する生徒となります。

しかし、すでに高校を卒業した生徒や3年を超えて在学をしている場合は適用となりませんので注意してください。

 
 
支給額については、公立高校で全日制となると月額9900円となります。

そして定時制は2700円となるのです。

通信制の場合だと月額520円となります。

また、私立高校の場合は、全日制・定時制・通信制ともに月額9900円となるのです。

よって、毎月このくらいの額を支給されると少しでも家計の役に立つのではないでしょうか。

 
 
このように、高等学校等就学支援金を申し込むことによって、子供の教育費の負担を減らすことができるのです。

申込書類は、入学する高校で配布されたり、入学説明会のときなどに配布されるでしょう。

これは、都道府県や高校によって配布する時期が異なりますので、高校に問い合わせるとよいでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑