オートローン組めるか?クレジットカード、消費者金融:自己破産して7年後

公開日:  最終更新日:2018/01/11

自己破産してオートローン組めるか?と疑問に思う人も多いでしょう。

オートローンを組むためには7年経過しないと組むことができません。
しかし、中古車などを現金一括で購入すれば車を持てることができます。

自己破産して7年が経過していれば、消費者金融から借入をすることはできるのでしょうか。
自己破産という大きな事故を起こしたとしても、7年経過することでその情報は消えます。

よって、借入ができる可能性が出てくるのです。

スポンサードリンク

オートローン組めるか?自己破産してから・・・

自己破産してオートローン組めるか?と心配する人も多いと思います。

オートローンを組むためには、自己破産してから7年経過しないと組むことができないのです。

しかし、オートローンを組まないで現金一括で購入すれば、車を所有することはできるのです。

よって、計画的にお金をためて車を購入すればよいのです。

 
 
自己破産してしまうと車を没収されることが多いです。

これは、車の査定額が20万円以上であるからなのです。

車がないと生活をすることが不便であると感じる人も多いですが、自己破産は一定の財産しか所有することができないため、やむを得ないことなのです。

よって、車を没収されないためには、車の査定額が20万円以下でないといけないのです。

もし車の査定が気になる人は一度確認してもらった方がよいかもしれません。

 
 
では、自己破産して7年が経過したら必ずオートローン組めるか?と思ったりもするでしょう。

それは、個人信用情報機関に情報が登録されていなければ組むことができるでしょう。

また、以前使用していたローン会社を使用しなければ可能だと思います。

以前使用していたローン会社は個人信用情報機関の情報が抹消されていたとしても個人でブラックリストを作成している可能性があるため、組むことができない可能性があるのです。

 
 
このように、自己破産してオートローン組めるか?と思っている人は、7年経過することで組むことが可能となります。

スポンサードリンク

その条件としてまずは個人信用情報機関の情報が抹消されていることと、以前使用していたローン会社は利用しないということです。

これらに注意をすればオートローンを組めるようになるでしょう。

もし、組めなかった場合は一度個人信用情報機関に問い合わせをして情報開示をしてみるとよいかもしれません。

クレジットカード、消費者金融:自己破産して7年後

自己破産して7年が経過すると、クレジットカードを作ったり、消費者金融から借入をすることができるのでしょうか。

自己破産をして大きな事故を起こしてしまうと、個人信用情報機関に情報が登録されます。

これは5年から10年間記録されていますが、その後は抹消されるため、情報が抹消されれば借入をすることができる可能性があります。

 
 
ですが、現実にはそう簡単にいくものではありません。

自己破産をした人で何年経過してもクレジットカードを作ることができない人も中にはいるのです。

そのような人は自己破産以外にも何らかの問題を起こしていた可能性があります。

そのため、自己破産して7年経過したから必ずクレジットカードを作ったり、消費者金融から借入をすることができると断言することはできないのです。

 
 
もし、借入をしたいのであれば、まずは申し込みをして審査をクリアすることができるか試してみるとよいでしょう。

借入をしている業者によっては審査基準に相違があります。

そのため、借りられる場合もあれば、借りることができない場合もあるのです。

そして、個人信用情報機関に登録されている情報が抹消されていることも確認をしてください。

 
 
個人信用情報機関では自己破産した人の情報はすぐ登録するのに対して、末梢するのは時間がかかっていたり、そのままである場合があるのです。

よって、一度情報開示をして自分の情報が抹消されていることを確認してから、クレジットカードや消費者金融を利用した方が無難だといえます。

このように、自己破産して7年経過しても人によっては必ずクレジットカードや消費者金融を利用できるというわけではないようです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑