クレジットカードを作りたい自己破産者はカードは作れる?

公開日:  最終更新日:2018/01/16

自己破産をしている人でも時間が経過するとともにクレジットカードを作りたいと思います。

自己破産をすると一生クレジットカードが作れないと思っている人は間違っているのです。

基本的に自己破産をしてから5年から10年経過することで作ることができるといわれているのですが、作りたいのであれば定職についていることが大切です。

スポンサードリンク

クレジットカードを作りたい自己破産者は

自己破産を経験した人でも、時間が経過するとクレジットカードを作りたいと思うようになってくるでしょう。

自己破産者は基本的に5年から10年経過することで、個人信用情報から記録が消えるため、クレジットカードを作ることができると言われているのです。

よって、クレジットカードを作りたいと思ったら、まずは定職にきちんと就き、住所や固定電話を明確にしておくことが大切です。

 
 
では、自己破産者がクレジットカードを作りたいときに定職に就いたり、住所や固定電話を明確にするべきなのでしょうか。

それは、過去に借金をゼロにしたということがあったとしても、現在きちんと定職に就き、安定した収入を得ていることができれば、信用と取り戻すことができるからなのです。

そして、住所や固定電話などが明確にしていることで信用度が上がるからなのです。

 
 
しかし、これはあくまでも最低条件となります。

これをクリアしているからといって必ずしも自己破産者がクレジットカードを作れるという保証はありません。

自己破産者というのは、5年から10年の間はクレジットカードを使っていないため、情報が真っ白の状態といえます。

よって、初めてクレジットカードを作るときに審査が厳しくなるのは当然なのです。

 
 
また、情報が真っ白の状態で携帯電話などの割賦購入などをすると審査に引っかかってしまいますので、現金で支払わなければいけない状態になってしまいます。

スポンサードリンク

よって、携帯電話を割賦購入する前に、クレジットの実績を最低6ヶ月くらい作ることによって、自己破産をしていた後でも、携帯電話のクレジットを組むことができるのです。

クレジットカードは作れる?自己破産しても

自己破産してもクレジットカードは作れる?という問いに対して、クレジットカードは自己破産後5年から10年経過すると作ることができます。

そのため、自己破産をしてしまうと一生クレジットカードが作れないと思っている人は間違った知識を持っているのです。

そのため、自己破産について正しい知識を得るようにしましょう。

 
 
ここで自己破産後クレジットカードを作る場合に注意しなければいけないことがあります。

それは、自己破産前に使用していたクレジットカードの会社は利用しないようにするべきです。

これは、過去の顧客情報と事故情報を残している可能性があるため、5年から10年経過していたとしても一生作ることができない可能性があるのです。

 
 
よって、自己破産してもクレジットカードは作れる?という問いで、クレジットカードは作れますが、今まで利用したことのないクレジットカード会社を選択することが大切なのです。

これに気を付けることができれば、クレジットカードを作れる可能性が高まると言えるのです。

 
 
また、自己破産してもクレジットカードは作れる?と思った時に、外資系のクレジットカード会社を利用するのも一つの方法だと思います。

確かに審査はありますが、審査する内容が異なってきます。

よって、きちんと定職に就いて収入があるのであれば、自己破産後でもクレジットカードを作りやすいと思います。

このように、自己破産後に作るクレジットカードは利用する会社をきちんと調べてから申し込みを行った方がよいでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑